TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
主観的には社会主義建設の過程なんだよね。

ついでに、10年前、聞いた毛沢東の遺言。
こんな感じ。

「私が死ねば中国は資本主義化を余儀なくされるであろう。しかしそれはそれで悪いことではない。というのは、それによって世界市場と結びつき、世界の中に組み込まれることによって中国は世界の中に無視し得ぬ影響力を持つからである。そして、市場経済のもつ本質的矛盾とも結びつき、それが爆発する時に中国は社会主義国家としての主導権を持ち続けるならば(中国が共産党独裁を継続できているならば)、世界社会主義革命で主導権を握ることが出来るであろう。


ネットで紅衛兵の残党と思しき人に確認したら、「日本人に教えるわけにはいかない」とのことだった。
投稿者:保護者
最近は野球の話題にしか書き込みをしないようにしていたが,2002年北京首都空港(主に国際線用空港)での入国審査待ちに見たものを記す.入国審査待ちの者に見えるようにオーロラビジョンが設置されており,「歓迎」とか「禁止麻薬」とかは順番に表示された.これらは英語でも表記されていたが,ここに「建設社会主義国家」と表示もされた.しかし,これの英訳の表示はなかった.その後,中国本土に行っていないので,「建設社会主義国家」の表示がどうなったのかは把握していない.
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ