TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:水樹奈々


水樹奈々ってまじかわいいwwww




http://popspace5.com/anime/mizuki_nana/mizuki_nana_img/
投稿者:TAMO2
養老乃瀧はファンの打ち上げだったようでした。
http://www.geocities.jp/benihime_in_nihama/

スガさんの本は「革命的な、余りにも革命的な」ですね。
投稿者:凶酸シンパ
丁寧なコメントありがとうございます(感謝
スガ秀美氏の本を探して読んでみます。

そういやゴーマニズム宣言で酒臭いおっさんとして描写されてたので何故か(苦笑)今迄、著作を読んでおりませんでした。
投稿者:TAMO2
ちなみに、サヨク倫理主義の根源には、スターリン系譜の社会主義観もあるようですね。

華青闘の告発を拒否した連中の倫理主義は、こっちに求められるべきでしょうね。
(日「共」、革マルなど)
投稿者:TAMO2
どうなんでしょうね。たかしさんとかのことでしょうか。若者はやっぱり、純粋真っ直ぐなものですしね。

中年の嫌らしさが必要なこともありますが、若いうちからそれでは「清河八郎」ですしね。

まあ、中年は中年らしくやります。

それはともかく。
>彼等が、革命と言う概念を現実の道徳に適合させる類の「良い子の正論」しか述べられない

いくつか理由があると思います。
1.こういうことをリアルで語れるような状況ではなくなったこと。小生の時代よりもキツい気がします。

2.サヨクが、本質的に唯物論的見解を放擲し、観念論/倫理主義になったこと。これには、華青闘の告発の負の遺産もあると思っています。(スガ秀美先生あたりの解説に拠ります。)

とりあえず。
投稿者:凶酸シンパ
TAMO2様へ
何処かしら、祭りの時代が終わった後の寂量感を感じますね。

不謹慎ながら、某所の祭りは久しぶりに楽しめました(苦笑

私は某サイトに対しては「無責任な閲覧者」であるというスタンスで接してますので、
論じれるテーマに対しては正面から語る権利は無く、適当にお茶を濁すと言う卑怯者ですが(何しろ利害関係者では無いので、、)

しかし、宜しかったらあなたが純粋真直ぐでそれ故に匿名の場で馬鹿にされやすい「今時のサヨクブロガー」に対してどのような見解を持っているか教えて欲しいのです(サヨクブロガーが「建前正義」な発言をせざるを得ないのはもう少し複雑な背景があると考えています)

彼等が、多数者革命でも民主連合政府でも何でもいいのですが、革命と言う概念を現実の道徳に適合させる類の「良い子の正論」しか述べられないのは、何かを失ったからこそ迷走しているというのが「背景」としてあるように思えて仕方が無い。

取り敢えず僕はあの場ではすごすごと退場しますが、今後もあなたのコメントをお待ちしております。
投稿者:TAMO2
ちなみに、打ち上げは養老乃瀧だったらしい。はまちょうじゃないのね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ