TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
基地の街・三沢に住んでいたのですが、ここも表向き余り国家からお金が落ちていないことになっているんですよね。

だけど、直接に「軍」とかにお金が落ちるわけじゃない背後のお金(各種建設費用など)がありました。これが建設業を成立させていました。最近、削られてえらいことになっているようです。

沖縄県のサイトに5%の数値が出ていましたが、しかし、こういうお金はどうも含まれていないように思います。

まあ、それでも基地を撤去するのには大賛成ですけど。経済的負担は日本国全体で負わなければならないでしょうね。

とりあえずはトロツキーの名言を思い出します。
「クダラねえ事業をやるよりも、失業給付で労働者を食わせろ!」
投稿者:キンピー
GO@あるみさん
はじめまして。
安保破棄の戦略の無さは、防衛問題を真剣に考えていないからでしょう。
共産党にとっても、いきなり安保が無くなるのは困ると。
自衛隊活用論がにわかに出てきた経緯を見るにつけ、そう思わざるをえません。

さて、雇用の問題。
「沖縄人民おもいやり予算w」でもって道路に穴掘って埋めても仕事は仕事ですので、当面問題無いと思いますが、今後普天間跡地を地元に任せるのか、国が関与しまくるのかで、できる事は変わってくるのでしょうね。
普天間市民による跡地利用案がありますが、外部からの視点を入れたほうが良いように思います。
>もろもろの付随する問題で、当事者が頭を悩ませている問題
沖縄・普天間問題において、今、当事者が頭を悩ませるというのであれば「結論が出んから先が読めない」ということにあります。政治でポッと「辺野古あきらめ、基地撤去」を決めて、時間をかけながら諸問題を解決していくのです。
で>端的には雇用問題。
とおっしゃいますが、普天間基地における直接雇用は200名ぐらいだと聞きました。「沖縄経済は基地がないともたない」と運動やっててもヨク言われるのですが、沖縄経済に占める基地の割合は5%ぐらい…基地を閉鎖して再開発したほうが儲かるンですわ。(これまで通りの「再開発」がうまくいくかは、また別問題)こうゆう「間違った常識」が、沖縄−本土関係をゆがめてきたし、今もゆがめているところがあります。

共産党関連で思うに、反米・反安保を掲げている割には、普天間問題をテコに、安保をゆるがそうという戦略が非常に弱いなぁと思いまする。


http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ