TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:保護者
確率の問題.空振りすると,ファウルがないことを仮定し,さらに,相手投手が作為なく(得点差,塁上にランナーがいる,いないを度外視して)投球する場合,どういう戦略でいくとその投手の一番甘い球を打てる確率が高いだろうか?
それは,(1)初球は見送る.(2)初球より甘い球なら,2球目を打つ.2球目が初球より難しければ,見送る.(3)2球目を見送ったとき,3球目が1,2球目より甘ければ打つ,
そうでなければ見送る.(4)以下,これを見送り三振となるか,フォアボールを得るまで続ける.
なお,「難しい」には,「ボール球」
と判断するものが入る.「甘い球」は全て,ストライクゾーンに入る球の中で考えるものとする.
この戦略だと,一番甘い球を捉える確率は2/3である(初球が一番甘い球である場合と,初球が難しい球,2球目が甘いが一番甘い球でない場合が一番甘い球を捉えられない場合である).
投稿者:TAMO2
慎太郎との受け答えから、闇雲なファーストストライクを打っていくのはベンチの指示と確信しました。

小生みたいな下手なら、ファールになるのに、なまじ上手いから前に飛ぶ〜。
投稿者:まぁ
愛媛は初球から振ることがホントに多いですよねヒラメイタ!(笑)

応援してて
『じっくり見て行け〜!!
とか
『粘れ〜!!
とか声をかけるようにしてますが、それでも早打ち(笑)^o^;

東予での対三重戦はワタシも見ててイヤな感じはしませんでした。
中山くんの今後の成長が楽しみですキラキラ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ