TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 京都市の政策から

 伝統建築技術を継承させ、住民の住みやすさと何とか妥協させていくのを狙っているようです。 どのくらい効果があがるかは別として。
http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000087/87314/heiseinokyomatiya.pdf
焚火派GALゲー戦線様
>ご存じかもしれないが秋田内陸縦貫鉄道は韓流ドラマIRISのロケ地で去年客寄せし、今年はブームが去りそうなので、台湾からの客集めを重点にやるそうな

おお、それで秋田内陸縦貫鉄道にハングルで「ご乗車ありがとうございます」と書いてあったわけですね。

”富山市批判”については、後で読んでみますが、そもそも高山線猪谷駅(神岡鉄道が分岐していたところ)まで「富山市」なんだから、コンパクトシティーもあったもんじゃまりませぬ…とはいえ富山地鉄と富山ライトレールには「がむばれ」と言って置きたいところであります。新幹線開業で、どうなるか?

http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-f301.html
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 連投失礼
 「世に地域おこしの成功例」とされている例はほとんどが失敗であり、大嘘である。(まれに成功例があってもよそでマネするのは極めて困難で、そういうものをマネすれば極めてリスクが高い。)というのを暴露しているのは痛快。(氏は「土建工学者は土建仕事ができれば成功なので、失敗例を成功例と吹聴して世間を欺いている。」=特に商業ビル建設と「商店街再生(多くはレトロな外観造)」=と痛罵)
 路面電車を廃止するかたわらに「コンパクトシティ」と称して駅前に商業ビル建設をする岐阜市を論外として痛烈に罵倒する一方で、「コンパクトシティの先進者」として一部に評価の高い富山市についても「次悪」として糾弾。(ここは、LRT導入・路面電車の廃線復活・JRに要請して運行本数増実験・スプロール開発の抑制・車中心の郊外から車なしで街中へを目標に=道路・上下水道・除雪作業の面積を減らせる=の政策でかなりの人に評価が高い) 「日本人と生活感情が異なる欧米人からの直輸入に過ぎず、これも住人にやさしくない街づくりとして完結するだろう。」と手厳しい。

>海外、特に西ヨーロッパに行けば風景については物凄い努力をされていて、建築に関する基準も大変厳しいと聞いております。毛唐に出来て、日本に出来ないという法はありません。 
 
 当戦線もそう考えていたが、氏は富山市の例を引きながら痛烈にこれを批判。 100%は賛成できないながら、それなりの説得力があった。 あと、「押しつけがましい地産地消・レトロ外観の居酒屋よりケバイ景観を損なう広告を出しているチェーン店居酒屋の方が地域住民のため」と敢えて書いています。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
> 外側というよりも内側ですね。外側はまだ何とかなるように思います。

 そのとおり。 しかし、「民家博物館」というスタイルで外観を残す場合は別にして、内子でも知覧でも白川郷でも「住人が住みながら残すことが求められる」のが基本。(まあ、このクラスになれば使命感やそれを遂行する達成感が所有者に出てくるものなのかもしれないが。) 「無名地域の並み」の民家であれば、残したくとも住人が欲する生活と
両立しない場合は、残念ではあれ、あくまでも私は「お願い」する立場であり、安易に「規制うんぬん」を持ち出して網をかけるべきではない。 社会主義的労働が主体の自発性を引き出すことが理想であるのであって、スタハノフ運動が理想なのではないのと似ているような。

 産経新聞でも筆者の意見が引用されている「地域再生の罠」の久繁哲之介氏
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100818/ecc1008180912005-n1.htm
 氏は「公共交通推進論者」にして「地域資源を大事に」と説く地域再生プランナーである。 しかし、(この記事ではわからないが)安直な「鉄ヲタ系」・「地産地消推進」論者ではない。
 100%賛成できる文章ばかりではないが、上記の本は参考になった。(続く)
投稿者:TAMO2
ギャル戦同志、こんばんは。

>ぴっこたんな新興住宅街

海外、特に西ヨーロッパに行けば風景については物凄い努力をされていて、建築に関する基準も大変厳しいと聞いております。毛唐に出来て、日本に出来ないという法はありません。

ちなみに、妻の実家がまさに古い日本の家で(いろんな意味でw)、大変なのですが、しかし、それは外側というよりも内側ですね。外側はまだ何とかなるように思います。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
>・日本の風景を思いっきり壊している ぴっこたんな新興住宅街。「あんなものは文化ではない」
 
 特にそのもには反対するところはありません。 吹屋や内子あるいは五箇山・白川郷の合掌作はたまた美山の茅葺に伊根の舟屋・・・確かに素晴らしい。 そして、そこまで希少性がなくても残ってほしいものはある。 ILに差し出すよりは金をカンパしてもいい。 ただし、主体的には他人の努力で残してほしいw。 俺が持ち主だったら? ただで残してやる人がいたらお譲りしてもいいが。 基本的にこちらが金出すのならしんどいね。(合掌造りの茅の交換にどれだけ金と手間がかかることか? しかも使い勝手悪いし・・・。) 新興住宅は何世代かや地球とかにやさしいかはともかくその一代の住人にとっては「やさしい」
>ぴっこたんな新興住宅街
TAMO2氏は現在・将来そういうところには絶対住まない覚悟があられるか?

 嫌味100%でもなんだから、5%くらいは別のことを。
 ご存じかもしれないが秋田内陸縦貫鉄道は韓流ドラマIRISのロケ地で去年客寄せし、今年はブームが去りそうなので、台湾からの客集めを重点にやるそうな。(IRISIが台湾でも放送予定なのと、雪の中=冬は雪以外見えない区間も多い=を行く列車が台湾では珍しかろうと想定して。)
投稿者:TAMO2
新幹線は、食堂車が無くなった時点でかなり興味を失いました。

ちょっと前の700系は、車内に圧迫感があって苦しかったですね。
そうですね。私の感覚ではローカル線ではまだまだ風情のある景色が残っているわけですが、「外国人受けする観光地」を鉄道移動となるとどうでしょうね。
新幹線も「速さ」だけがとりえで、ゆとりが全然ありませんしね。

http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ