TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
苦労まっく様:
銭や何やで国内で殺したり殺されたりしている中、何が悲しくて毛唐の殺し合いに参加せなあかんねん、と思いました。

ただ、難しいのは、「じゃあ国外の殺したり殺されたりは放置していいんかい」ということなんですが。

勿論、セム教に規定された毛唐のやり方では、そんな関係性は拡大されるんですけど。

「ホントは恐ろしい民主主義」ってのについても書かなければならないですね。参照項は、ジジェクとE.H.カー。
投稿者:TAMO2
ちなみに。もう一回の衝突のほうは、海保の船が漁船の進路を塞いでいるように見えました。ま、漁船も加速して来ていましたが。
投稿者:くろまっく
そうですね。考え不足でした。
幻想も物質力をもって人を生かしも殺しもしますからね。

イラク反戦の頃、デモで若者がラップ調でコールしていました。
「自衛隊はイラクの人達を殺すな」
いろいろな意味でちがうなと思いました。もし自衛官に言葉を届けたいのなら、まず「死ぬな」、その上で「殺すな」「殺させるな」が成り立つ

派兵に志願した自衛官には、ギャンブルとキャバクラで借金作って、「家族のためにがんばるんだ」という人もいた。しかしお連れ合いは心配で仕方ない。そんな相談を受けたりしました。

お若いので破産はおすすめできない。任意整理の窓口紹介する。あと、キャバクラやギャンブル依存症脱出法とか。生き方考え方は異なりますが、パパさんに死んでほしくないし誰も傷つけてほしくない。その気持ちは同じですと、そんなお話をしたものです。

「殺す」という刺激的な単語は避けないといけないんですよ。それだけで聞いてくれなくなることもある。言葉も命やお金と同じくらい大切にしてほしいものです。
投稿者:TAMO2
「国家」がせめて現在の「都道府県」みたいなものになる回路が必要ですが、「(形成されてしまった)マルクス主義」に依拠する国家が、それに固着する限り無理ですね。いや、その国家を打倒する勢力がその国家内にいても、その勢力が国家権力をいずれは真摯に解体することを考えていなければ、無に帰します。

そう考えると、ソ連発の一国社会主義理論の罪深い影響ってのは、大きいです。国家の原初(そもそも排外的なところが国家の本質)を改めて肯定しちゃうマルクス主義って、一体・・・・。
投稿者:TAMO2
黒マーカー様:
障害者のご友人へのそれでいいと思います。国家の持つ優しさを最大限に利用すればいいと。

ただ、国家の枠組みを守るために文字通り命懸けで頑張っている人間のいてる場面では、別問題だと思います。幻想形態はリアルとなってのしかかっています。

ギャル戦同志、さすがだなと思った反面、甘いなあと思いました。自衛隊員が海外派遣されることが決まった時(勿論反対なんですが)、隊員が多数手を挙げたことに、その甘さは通用しないことに現場の人間は気付いていると思いました。幻想の憲法9条をリアルならしめる努力をするにしても、当座の危機(米帝の脆弱化、史上最強の全体主義国家の台頭)を乗り越えられなければナンセンスです。

外交に知恵を絞りまくる必要がありますね。従米ポチでは、なめられまくるだけです。
投稿者:くろまっく
某所拝見しましたが、
あとはブクロ……でなくてブログへどうぞという感じでしょうか
際限がなくなりますね

しかし最後の2行は気になるな

別に国家なんて こだわっても
軽んじても 甘えても
別にどうだっていいのではないでしょうか
幻想なんだから

障害者の友人がね
こういう論法に引け目を
感じていたりするんですよね

うつになるくらいだから頭がいい
状況判断がクールで的確
政治でも事件でも 
実におもしろいこという
でも、
「おれ税金払ってないし
年金もらっているし」
と、最後はごにょごにょしてしまう。

こういう「慎み深さ」「奥床しさ」が
日本人好みだというのはわかる
素顔や本音をさらすほど危険なことはない

でもね おもしろくない

「国からカネもらっているんだから
国家公務員じゃねえか
官庁も民間も何してんだか
わからないやつばかりだぜ
もっといばってくれよ」
といってやりました
投稿者:TAMO2
黒マーカー様:

書かれたことにはちょっと理解しにくい
ところがあるんですが−−中核派の平和
ぼけなところ−−、
人民の意志をいかにして表現するかが
明確でないと、いつでも抑圧が発生する
と思います。

それと同時に、今回の尖閣問題で、海保の
批判の言説には、矛盾を現場に押しつけて
いるとしか思えないサヨクの意見があちこ
ちであり、こういう人間には、生身の兵士
らの信認を得ることは出来ないなあ、と
思いました。

正直、国家という重い現実を突破するには、
国家を超える軽やかな発想が必要ですよね。
サヨクは国家の枠組みにこだわりまくって
いるくせに、国家に甘え、国家を軽んじて
いる。ひっくり返ってますよ。
投稿者:くろまっく
おっしゃるように、国際法とか国家とか
根本的に乗り越える思想や運動を示していかないと。

そこは中核派も平和ボケしているんじゃないでしょうか。
もちろん、アホなテロに走るよりはいいんですけど。

沖縄闘争も、安保粉砕、基地反対、侵略戦争反対、
それも大切ですが、
反軍闘争に取り組みながら、
海兵隊が自分に銃が向けてくるという発想・姿勢がない。
60年安保での日共の数少ない成果ですが、
アイク訪日阻止闘争で、ハガチーを救出したのは
海兵隊のヘリでした。
海兵隊の役目は侵略の先兵であり、いざとなれば人民に牙をむくんですよ。

暴力革命路線やめたならそれでもいいわけですが、
人民の意志で動員できない一切の暴力装置を認めない、
それは帝国主義であれスターリン主義であれ
いつでも抑圧に転化する。
これは社会主義、共産主義の大切な教訓のはずです。
投稿者:TAMO2
それにしても。国境問題、「白黒」はっきりさせないと、同様の問題が反復しますね。中国覇権主義と闘って来たと自賛するあの党が頑張ったら、物凄く支持率が上がるんでしょうが、無理でしょうね。ま、彼らの言う「道理にかなった」というのは、「(かつての帝国主義の)道理にかなった」ということと同値ですから、噛み合わないでしょうね。

アジアのことは、ルールも含めてアジアで。
投稿者:TAMO2
あ。そういや露国大十月社会主義革命記念日だった、今日は。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ