TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
今度、都議会の民主会派の中の人におあいすることになっているので、小一時間くらい問い詰めますw
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 「改正」案は性描写だけでなく、法律違反行為すべてに網を広げており、わざとミスリードを誘って石原を利そうとしている一部マスコミのタイトルにかかわらず、これは性描写禁止から「法律違反行為描写」禁止に「成長しつつ」あります。
 忠臣蔵とか漫画化すれば、「凶器準備集合罪」や「(大量)殺人罪」を描いた行為として条例に触れますね。 「古典はいいんだ。」ということになれば、後はチェックする側の恣意になるだけで・・・。 言うまでもなく検閲にあたります。
投稿者:TAMO2
汚物氏には近寄らないが吉。なので、何のことが分かりませんが、石原閣下、飛ばしてますね。

さて、様々な人権擁護をすることにシフトした、部落解放同盟は糾弾・確認闘争をするがよろし。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 2chではTAMO2の事実上の擁護派である○ち○だ○この書き込みが邪魔なので、しばらく休むとして、若干心苦しいものがあるが、こちらへ。(あれは、絶対に批判でなくTAMO2を利している。)

 2次元の「架空の人物」の保護条例w(小説・映画などの実写は規制の対象外で漫画・アニメが取締りの対象)の推進者の石原慎太郎が早速口を滑らして、この条例が必要な例示として「テレビに同性愛者が出すぎでウザイ。」、「同性愛者は足りない。 それは遺伝のせいだ。」と暴走しまくりです。
 入口は漫画・アニメながら早くもテレビ番組という別の対象の表現・番組製作への将来の規制や三次元で生存している同性愛者への攻撃などを正直に表明し、石原はその「実直さ」と(戦略的な)頭の悪さを露呈しています。(本音を出しすぎて巧妙さのかけらもない)
 しかしながら、民主党都議(ここが反対すればもちろん否決、共産・生活者ネットは明確に反対表明)は自民・公明サイドから「児童ポルノ愛好議員」との宣伝を流されるというブラフで腰砕けらしい。 まず、「地域ボス」を利用して来年春の一斉自治体選挙で配下の市議・区議らを動揺させるようだ。 規制に反対の諸君は投票に必ず行って規制賛成の都議の配下を落選させてほしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000007-mailo-l13
投稿者:TAMO2
ニーメラーの格言は、民主主義とは何かを考えさせられるものですね。

体制の老朽化はその通りですが、「次」の展望が見えないことが、さらに閉塞感を産んでいますね。

※現在の革新系とか左翼が政権を採れば、より事態は反動的になるでしょうし。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 たまにはTAMO2仰山党投手も真っ当なことを書く。(失礼)
 ヤフコメ欄から引用ひとつ
・石原がオタクを攻撃したとき 〜ある一介のオタウヨの回想より〜

石原がサヨクを攻撃したとき、私はサヨク嫌いだったので拍手喝采した。
ついで石原は中国人を攻撃した。私は中国人も嫌いだったので「石原閣下!」と賛美した。
ついで朝鮮人が攻撃された。私はもっと大喜びして「真正保守」「愛国者」と絶賛した。
石原はついにオタクを攻撃した。私はオタクだったから反対した・・・しかし、それは遅すぎた。
オタクのために声をあげてくれる者は、誰一人残っていなかった。

 もう少し。 「日本の歴史8 蒙古襲来 黒田俊雄 中公文庫」
 (鎌倉末期の悪党の発生について) 世の変わりめとは面白いものである。 人民のあれやこれやの動きがいちいち支配秩序にたてつくもの、「公共の福祉」を乱す「不逞の輩」にみえてくると、やがてほんとうにそういうものが現れてくる。

 ある旅僧が後北条氏の最期を悟った。
 何十年か前に領内を通ったとき、制札の禁令は数条に過ぎなかったが、今回領内を通ったときは禁令が何倍にも増えていた。
投稿者:キンピー
18章「大道廃れて仁義あり」

仁義の道徳が協調されるのは、大いなる道が失われたからで、人為の掟が盛んに作られるのは、さかしらの知恵が発達したたからだ。
親子の道徳が喧しくいわれるのは、家のなかがもめるからで、忠臣の存在が騒ぎ立てられるのは、国の秩序が乱れたからだ。

―訳:福永光司―

今の体制が老朽化しまくっているということでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ