TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
面白そうですね>ブラック・ジャコバン

全く脈絡のない話を。横浜の人間が言っていたのですが、横浜の喫茶店でブラックコーヒーを口に含んだ日本人が思わず「苦(にが)」と叫んだら、後ろの黒人にドツかれたそうです。


それはともかく。24時間革命的なことに集中できる環境にあっても、それでも一人の人間には限界がある、よって、「外部注入論」も不十分ではないか? と続きでは書きたく思います。そして、それは、共産党的集団指導体制(日本では見てくれだけですが)をも批判することになるでしょう。

その先では「相互注入論」という、ネットでは昔からアタリマエのように行なわれていることを提案します。
投稿者:小夜的
「ブラック・ジャコバン」大村書店を今読んでいますけど、参考
になるかもしれません。
ハイチ革命の担い手は、ほとんどが文盲でしたが、革命を主導し
ていたトゥサン・ルヴェルチュールはそうではなかったようで
す。

ですが、その先駆となる反乱を起こしたマッカンダルは、おそら
く文盲ではなかったかと……大事な時に泥酔しなければ革命はコ
イツが起こしたかもしれません。

とはいえまだ二章しか読んでいません。全部読むには一週間くら
いかかりそう(^^;



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ