TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
ちなみに。そもそも、「アマチュア」というものは「ブルジョアの娯楽、余興」だと思っています。アマもいいけど、それ以上にプロスポーツが好きです。
投稿者:TAMO2
それではスポーツは広まりませんよね。核となるものが必要なのです。地域プロスポーツがベストかと。

そういう次第で、Jリーグの理念は素晴らしいものです。あれは、サッカーだけの構想ではありません。Jリーグの理念こそ共産党が支持すべきものだと思うのです。野球の独立リーグの現在進行形の取り組みも、同じものがあると感じるから、支持しています。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 あくまで、「地元民主催のアマチュア」であればという限定つきなんでしょう。
投稿者:TAMO2
http://opinion.infoseek.co.jp/article/914
志位 スポーツの問題が典型ですね。いま企業スポーツチームの休廃部が続出していて、深刻な状況になっています。バレー、アイスホッケー、アメフト、こうした企業スポーツから、企業が次々と手を引いていく。企業がスポーツを通じて社会に貢献していくという活動は、先進国では当たり前です。企業チームが休廃部して、選手生活を断念するスポーツ選手が増加する、という深刻な事態は、ほかの国では起きていません。不況だからといって、切っていかないんですよ。


ですが、かつて共産党は企業チームが地域スポーツを丸抱えしているのを異常としていました。小生が学生時代のお話。行政も噛んだ地域スポーツの振興を果たせ、とも。明石市長の主張は、その方向に一致していたので、共産党の反対には、スゲエ違和感を感じました。どこでどう主張が変わったのでしょうね。


※ちなみに、この市長を支持するものではありません。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 本来なら独立リーグ関係の投稿につけた方が良いのだろうが。 明石市長が議会から問責決議を受けて退任表明。
 もちろん、他の件もあったのだが「関西独立リーグへの支援表明」も議会の支持を失う一因だったらしい。 共産系市民団体に(関西とはいえ)それだけの力があるか?と見ていましたが、それなりに「広範な住民代表の力」を集めるのに成功した事例のようでw。
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20101218ddlk28010424000c.html
>北口市長に対する議会の不信感は、06年12月の「退職金受け取り拒否発言」から始まっていた。その後も「関西独立リーグのチーム支援」でさらに募らせ、今回の「1億円補填問題発言」で頂点に達した。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ