TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
キンピーさん。

私も、あちら(土佐高知さんの所)で書きましたが、もう何処から手を付けて、何と言って良いやら。

池田信夫みたいに、党の【無謬神話】も…

> 怒りや呆れを超えてほほえましいレベルになっている

…のは、党をウォッチしている人の常識にならないかしら…(苦笑)
投稿者:キンピー
あ、伊賀さん、、
土佐高知さんのところにちょうど書いたばかりですが、ぶっちゃけ「共産党が与党の政府だったら核の平和利用はOKよ」ということですね。
科学的な判断ではなく政治的な判断です。
池田信夫に匹敵する存在が居た!

拙ブログの本日付け記事(↓)…

空想を【現在】の方針にするな!!(怒)

http://blue.ap.teacup.com/nozomi/119.html
投稿者:セクトN0.7
印象操作ですね。
山手線の内側ってそんなに狭かったの?
そういえば明治公園から日比谷公園まででもしたけれど、そんなに大したことなかったような。

太陽光も資本が投資すれば効率は上がるでしょうね。国策としてやるのなら今がビジネスチャンスでもある。
キンピーさん。

> 買取制度を調べてみたら、電力料金に上乗せしたお金が買い取り費用に回されているようなので、金持ちが発電して銭儲けをし、マイホームを持てない人はめちゃくちゃ高い電気代を払わされることになりますので、バランスの取り方も重要なことだろうと思います

そうですね。消費した電力に応じた負担を求めるのは当然としても、高価で買取りして発電した電力で賄うとなると、不平等が生じますよね。

もしも高価での買電は止めて、各家庭で発電した電力は、基本的に各家庭で「貯蓄=リチウム・イオン電池か…水素ガス形態」する事で使いきって貰い、マンション等の集合住宅やら企業・工場では「燃料電池」での自家発電ならば(完全分散化ならば)、それは【ランニングコスト】の差だけで済み「搾取」みたいな構造は回避できるのですが…

それに私の妹の一人が北陸(石川県)に嫁いでいるのですけど、日照が有る日の方が珍しいといった「地域間格差」も有りますよね。

やはり発電にも配電にも、独占営利企業ではなく、公共的なエネルギーの「地方自治」みたいな、行政による「格差緩和」のクッションが必要かもしれませんね…

http://d.hatena.ne.jp/atsushi_iga/
投稿者:キンピー
伊賀さん

そうなんですよね。。
買取制度を調べてみたら、電力料金に上乗せしたお金が買い取り費用に回されているようなので、金持ちが発電して銭儲けをし、マイホームを持てない人はめちゃくちゃ高い電気代を払わされることになりますので、バランスの取り方も重要なことだろうと思います。
ま、集合住宅の電気料金を買取制度から切り離すという手もありますが、、、
TAMO2様

> 発電場所でオン・サイトに水素ジェネレーターを設け、燃料電池と組み合わせるのはアリだと思います。

これを読んで、家庭用太陽電池(出力は晴天時なら5kw)に対して、実際の各家庭での需要電力(1kw強)への余剰を、家庭への「水道水」を電気分解して【貯蔵】すればいいじゃん!…と思ってしまいましたが…

燃料電池 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%BB%E6%B1%A0

…に有る様に、エネファームみたいな旧式の「固体高分子型燃料電池」では、改質器=水素ジェネレーターが、必要なのですけど、それより遥かに効率の高い、次世代型の「固体酸化物燃料電池」では、改質器は必ずしも必要無いんですよね…

まぁ、容量UPが課題の現在の主流であるリチウム・イオン型「蓄電池」と、材質研究が必要な「水素ガスの貯蔵」と、どちらが「大規模化に向けた実用化が容易かという問題ですね。
(効率だけなら、恐らくリチウム・イオン型でしょうが…)

キンピーはん。

買電と売電の主体を、如何に失敗せずに効率的に「制度設計」するか?という問題ですね…

電力自由化 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%8C%96

…あたりが(私は)参考になりました。
(地域独占は突き崩さないと…)
投稿者:キンピー
伊賀さん

自然エネルギーを使用するなら、「何か一つだけ」というわけにはいきませんので、太陽光は特性を生かして各戸に、水力・風力・地熱・潮力は発電企業からということになると思います。

また太陽光パネルと蓄電池を置けるのは一戸建てでしょうから(集合住宅の場合、売電が現実的ですね)、電池価格の問題は公的融資限度額引上げで解決するのではないでしょうか。
また電池を導入すれば売電する家庭が増えても、絶対量を抑えることができますので、買取価格の維持(維持しないと普及しないw)にメドがついてくると思います。
投稿者:TAMO2
キンピー様:
小生の書いた「3割」というのは、民生用の割合を念頭に置いています。おっしゃられる通りですね。

伊賀様:
水素の輸送は色々と難しいですよね。分子が金属表面で乖離し、原子になって拡散し、材を痛めるのは化学業界の常識。材質がネックになります。

発電場所でオン・サイトに水素ジェネレーターを設け、燃料電池と組み合わせるのはアリだと思います。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ