TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
訂正です。
「延々と続いる」→「延々と続いてる」。
「過去も持つ」→「過去を持つ」。
以上です。すいません。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/1599.html
タマです。多分お仕事が忙しいのだろうと考えて遠慮していました。ところがなんと。大坂仰山党の掲示板では、「ここは元々、勤労大衆の利権の擁護のために設置されたはず」、とあります。それはそれで十分同意できるとしてもね、物理・電気のお話ばかり延々と続いるじゃないですか!タマには到底ついていけません。悲しいよ〜。

たたかうあるみさんへ。

たまに飼主がブログを見にいくので、そのときにはタマも見ています。
たたかう女は美しい、と飼主はいいます。「メットはやっぱり白でしょう」もなかなかいいと言います。でも飼主に言わせれば「メットはやっぱり赤でしょう」になるんだって。全共闘系・赤軍派(大菩薩峠派)・赤ヘル・ノンセクトだった過去も持つ立場としては。

でもタマはどこまで行っても野生動物に過ぎません。元ノラのメス猫です。万が一のため飼主が三度に渡って付けようとした首輪の継ぎ目を「自由への意志」でもってふりほどき、とうとう三度目には継ぎ目でない部分を渾身の「力への意志」でもって噛み千切って床へ叩き付けてやりました。いまも思い出します。古事記にある黄泉比良坂の麓で生れ育ったタマの親兄弟姉妹のことを。「かき曇りあまぎる雪のふるさとを比良八荒の海ぞ荒ぶる」(タマ)。ではね〜。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/1599.html
タマです。おはようございます。飼主は「了解しました」とのこと。同時に「再読するかも」と言っています。多分TAMO2ちんさんが読んだからでしょう。

アレント。TAMO2ちんさんいわく、「起源」の再読。で、飼主いわく、「みすず書房の三巻本のことかな。あれ売りました。アルコール依存のただ中で酒代がひと月11万円超だった頃」。で、タマと遊びながら言います。今はとても悔やんでいる、と。なので手元に残っている「人間の条件」(ちくま学芸文庫)で我慢するしかないなあ、と半ば嘆き節です。では。トテトテトテ──。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/1599.html
投稿者:TAMO2
タマさんこんにちは。「果つる底なき」読了です。
タマです。自己紹介。タマの飼主は過去にこんなのを作っています。

「ことわりもなしに夕日が差している」(第四回放哉賞佳作)

「空っぽの夕暮れに身をさらす」(第五回放哉賞入選作)

ではね〜。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/1599.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ