TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
一時しのぎ様:
これは、以前、いろんな場所で話題になりました。「一見、思い付きそうで誰も思いつかなかった」構造のようで、本当に素晴らしい発明ですね。今や電磁波の基礎方程式さえ忘れているので、詳しくは分かりませんが、いつか理解したいと思います。
投稿者:一時しのぎ
失礼いたします。
前回の発電機に関連して、再び同じテレビ番組からの引用ですが、これもご意見・ご感想をいただければ幸いです。

(参照元)
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20110918.html
新発電機開発者平松敬司 さん省エネ効果大 “奇跡の発電機” 誕生の瞬間
科学者の長年の難題を、職人魂で大解明!

(関連する内容のリンク先)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw70077

http://blue.ap.teacup.com/nozomi/131.html#comment24798
投稿者:一時しのぎ
ご回答ありがとうございます。実は、伊賀篤さんのブログにも同様に投稿したのですが、以下の通りのご回答をいただきました。既に伊賀さんのブログ上(リンク先)では公になっていることですが、要旨の部分を転載します。
---

> 余った熱が電気に変身!「低コスト」で「小型」の低温廃熱発電機

アルバック理工のHPに載っている図を見て、原理が理解できました。要するに冷媒を利用した「熱交換器」の原理で、スクロール型の(通常はコンプレッサーに使用する)エアコンなどでも使っているタービンを回すという方法ですが、これなら充分に実用的だと思いました。

こういう【発想】は素晴らしいですね。
基本的には既存の技術の応用ですが、全く新しい分野である事は確かで、これで日本の消費電力の45%を賄うという夢も、あながち過大では無いかと…

特に私が本記事で取り扱った【固体酸化物燃料電池】などは、反応温度が高く(700度〜1000度)、その余熱を給湯だけでなく2次発電にも利用するというアイディアは有ったのですが、アルバック理工のHPにも有りましたが、200度以下の低温でも効率が高いという事は、通常の蒸気で回すタービンには使えない更に低い温度の余熱でも、この「熱交換器」の原理で、電気に出来るという事ですから、この技術を使えば、燃料電池の発電効率も更に向上させる事も可能な訳です。(3次発電の可能性)

もっと、こういった新技術に、(某党を含む)政治家も貪欲に学び、導入や普及を後押しする総合政策を立案すれば、現在の技術水準でも充分に【脱原発】は可能だと、改めて「夢」を貰った気分です。


http://blue.ap.teacup.com/nozomi/131.html#comment24798
投稿者:TAMO2
一時しのぎ様:
結局、コストの問題だと思います。この分野で小生がチェックしたものとしては、、、

・アセトン−水素リサイクル系
・シクロヘキサン−水素リサイクル系
・熱起電力電池

が挙げられます。もし、石井氏の発明が上首尾に行くならば、太陽光発電において革新的技術になるでしょうね。期待しております。

そして残念なのは、石井氏の発明の原理が、リンク先から探しても不明であることです。よって、技術的評価は今のところできません。
投稿者:一時しのぎ
失礼します。TAMO2さんなら、ご理解いただける内容であると考え、ここに投稿いたします。以下、エンジニアとしてのご意見・ご感想などいただければ幸いでございます。なお、当該番組を既にご覧であれば、当方不承知の事情ということでご勘弁ください。
(参照元)
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20120708.html
神奈川県横浜市 アルバック理工株式会社 代表取締役石井芳一 さん余った熱が電気に変身!「低コスト」で「小型」の低温廃熱発電機
“その熱、もったいない”〜廃熱で家一軒分の電力を生み出す!

(アルバック理工のHP)
http://www.ulvac-riko.co.jp/
http://www.ulvac-riko.co.jp/sitemap.htm
投稿者:地鶏
職場で「大飯が動くらしいからもう節電しなくていいんだよね?」とか話している様子を聞くにつけ、おっしゃる通り、国政は我々そのものであります。
でも、電力会社の経営層は民主政でも何でもありませんよね。
電力会社とは契約の商談で揉めたことがあるのでなおさら思うのですが、彼らは、資本の暗黒面と官僚の暗黒面を併せ持った化け物ですよ。
言うまでもなく3.11後は正体を曝け出していますが。
投稿者:TAMO2
伊賀様:
ソースがすぐに出てきませんが、3σというのは、「推定される最高気温」vs「ピークでの消費電力」
の数年間のデータプロットから最小二乗法で求められるラインを描き、同時に±σラインを描き、その上で
関電がはじき出した「考えられる最高温度」から求めた「その時のピークでの消費電力」が、上に3σ相当だったのです。

地鶏様:
ペテンですね。だが、「民主政」において、このような権力を承認しているのは、我々を含む日本人ですね。いつか、キッチリ落とし前を
つける必要がありますね。
投稿者:地鶏
以下は2ちゃんねるからのコピペ。
火力の出力値のソースは見つけてませんが、紙面には間違いなく「燃料費が高い火力発電所を8基止める」と"さらっと"書いてます。

大飯原発が、フル稼働すると火力発電所を8基止めるとはなにごとか
http://heiwayutaka.blogspot.jp/2012/07/8.html

377 名前:地震雷火事名無し(やわらか銀行) 投稿日:2012/07/08(日) 09:37:31.34 ID:mb1AfAp+0
きっこ ?@kikko_no_blog
関電は大飯原発3号機が発電を開始したことを受けて燃料費の高い火力を
6基停止した。大飯原発3号機は118万KW、停止した火力6基は
合計300万KW、発電供給量が182万KWも少なくなったのに政府は
「原発が再稼働したので節電目標を15%から10%に緩和する」、
完全に茶番劇。
投稿者:伊賀篤
TAMO2さんの言う「電力会社の責任」は、私も正論だと思いますが、3σ(シグマ)は行き過ぎですよ。
経営陣が3σを採用したと推定される根拠に関しては、あちら(busayo_dic氏のブログ)にもコメントを書かせて頂きましたが…
投稿者:伊賀篤
うちの会社も、自家発電を導入できるだけの自己資本増への余力(内部留保)があればねぇ…
(余裕の有る企業はコジェネまで考えて自家発電にシフトしているみたいですが…)

真夏でも、パソコンから発熱しまくりのオフィス内で、唯でさえオンボロで効かないクーラーの設定温度を30度なんかにしなくても済むのに…(苦笑)

天井照明を止めて、手元だけのLED照明にしろと進言中。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ