TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:冷やしたぬき
>>TAMO2様
はじめまして‥というわけではなく、実は以前、キンピー問題ブログで投稿した際、コメントを頂いたこと(NNは異なるのですが)があったと思います。私は個人的な趣味で「原子力平和利用と日本共産党」について調べており、TAMO2様のブログ等も以前から参考にさせていただいています。

日本共産党は、従来から社会主義の優位論に基づく原子力平和利用、原発の活用を主張し、そのため以前の原発反対論を批判する立場であったと私は認識しています。

そして、福島事故を契機に共産党は原発反対派に転じたかと言えば、私は大いに疑問に感じています。

例えば、前衛2018/10、11月号 不破哲三「『資本論』のなかの未来社会論 第1、2回」では、共産党は原発について、一義的には資本主義(=利潤第一主義)の制度的な問題と考えています。その上で、不破氏が仰るところの未来社会(社会主義)においては安全な原発の活用も可能であると主張しています。これは従来の認識とほぼ変わらないと思います。


不破氏の論文について一部抜粋しています
http://hiyashitanukian.blog.fc2.com/blog-entry-1902.html


最近の綱領一部改定では「原発ゼロの日本をつくる」とされていますが、私は、これは有権者向けの表向きの宣伝であると思います。


日本共産党綱領
https://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/


志位委員長は「人類と原発は共存できない」とも仰っています(このような発言は小池晃氏も頻繁に用いています)が、共産党は「表」と「裏」を使い分けつつ、社会主義の理想の原発は諦めていないようです。

再稼働反対 国会前大集会 志位委員長スピーチ
https://www.shii.gr.jp/pol/2014/2014_08/E2014_0831_1.html


http://hiyashitanukian.blog.fc2.com/
投稿者:すみません
ありがとうございます。
故人ですから確証をもって確認するのも否定するのも難しいんですね。
笠井亮さんも高木さんのそのような発言を引用してました。
高木さんは共産党の綱領や原子力政策をまじめに検討しないで、良いところを探してほめてあげる姿勢だったのかもしれませんね。
吉井さんは原子力エネルギーに夢を見ていて、高木氏の言うところの『原子力神話』からはまったく開放されていないのは明白なのです。3.11以降においてさえも。
投稿者:TAMO2
どうなんでしょうねえ、吉井英勝さんがそういうことで
嘘をつくとも思えないですし。
投稿者:すみません
高木仁三郎氏の没後の発言として、3.11以降に共産党議員が吹聴している発言は見たことがありますが、彼自身が共産党を評価していた事実はあるのでしょうか?
日本共産党はでっち上げの前歴が多数あるため、共産党の宣伝だけでは信用できないのです。
投稿者:TAMO2
TAMO2界の大物は、言うまでもなくこちらである。いつも楽しんでおります。
http://homepage2.nifty.com/gouten/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ