TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2
保護者殿:
ベースから離れる時は、小刻みに足を運ぶから、3歩以上かと。本来の守備位置の前、というイメージだね。バントはシフトのこともあるし、余り気にしない。

膝が回ってしまった状態で、その位置で叩いても、打球は弱いと思う。阪神の最終戦、鳥谷がレフト前に打ったが、インパクトの瞬間はやっぱり三塁側に膝が出ていた。俺の場合、外角はヘッドが返ってしまったら、センター前という感じかな。引っ張るなんてとてもとても・・・。
投稿者:TAMO2
ギャル戦同志:
いやあ、むしろ酔客かなあ。

小林は、ノーコンを克服するために、去年後期突入前にコーチと相談して、今のフォームにしました。すると、コントロールが安定したので、成功していると思います。今年は200イニングオーバーという、独立リーグにしては登板過多でへばりましたね。

水口は突き指で本調子じゃなかったようです。

プルータはちょっと荒れてたかな。
投稿者:保護者
1死までなら,「3歩」は出過ぎかもしれない.セフティーバントをされたら,あきらめるか?
左利きの1塁の守備と右利きのそれとでは,ちょっと違いがあるとは思うが.
また,打ち方にかかわらず,外角は,外側の「鈍角」になっているベースの
上で叩くように振れば,十分届く.ただし,その位置での「角速度」が最大になるようなスイングを心がける必要がある.外角を引っ張る場合は,「目きり」が早くなるので,精度が落ち,「打ち損じ」が増えるのが自然.しかし,いやしくもプロならミスショットの確率は減らして欲しい.

投稿者:焚火派GALゲー戦線
 さて、TAMO2にとって招かざる客当戦線もあの試合を観戦しておりました。(両チームの応援者は一三塁ベンチに陣取ることがあるにしても、もう少し客が来てほしいもの。 20分前の到着でネット裏の前1/3あたりを悠々確保) ブログのとおり山野の球を芯で捉えていたので両チーム5点ずつくらい入るかなと1回表裏見たときには思ったのだが?
 以下見たところ(当方野球経験全くなし)
 小林・・・愛媛に入ってから初めて見た。 長崎時代の足を上げるフォームからコントロール重視らしいフォームへの変更が成果が出てるとは見えなかった。 当戦線が失望したのは5回先頭の連続四球。 取られた点は仕方ないにしてもその後どう投げるかでNPBの印象も違うと思うが。 ただ、その前でライト前に抜けなければ、せめて止めて内野安打ならランナーが三塁にはおらず、投球内容も違ったかもしれないのは気の毒だった。
 水口・・・長崎時代もそういう場面があったがランナーいないときと、2塁にいるときに打ち上げていた。 本人も意識はしているだろうが、ゴロを打ってほしい。
 流・・・唯一愛媛でこの試合当戦線があえて評価するとすれば、彼がプルータの低めをセンター返しのヒットにした場面。(照明も暗い中であの速度の球は打ちにくいだろう) 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ