TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
>英語はあくまで道具なのだ。

 これはそのとおり、ただもちろん耳まで鍛えられた方がいいが、文字だけでも相当違う。

 「ネット右翼の矛盾 「憂国」が招く亡国」(宝島社新書)によれば、ネット右翼が一番不得手なのは国際連帯であるという。 「中・韓人がきらいならそれ以外の外国人のともだちたくさん持てよ」という提言もそうですし、「韓国でネット右翼に相当するモノとしてVANK(Voluntary Agency Network Korea)を挙げ、「一般会員には誰でもなれるが、上級会員になるには一次で韓国歴史・文化の試験があり二次では英語の試験がかせられており、韓国を利するための国際宣伝活動を行っている」、「日本のネトウヨもyoutubeで韓国人がいかにひどいかを宣伝しようとしているが、英語力が低すぎて全く伝わっていない」など興味深いことが書かれている。
 別の話だが、沖縄の基地問題も基地が民青用地として使われた方がはるかに経済性が高いという話を抜きにしても、ギリシア国民がそうであるようなノリで沖縄の人たちもやっていけそうです。 前浦添市長で維新の比例候補として今回参院議員になった儀間氏は市長選の公約のひとつに「小学校から英語・中国語両方の教育を取り入れてトリリンガルを育てよう」というものでした。(那覇軍港の移転先に浦添市がなることに同意したので落選したことは地元や「左派」にすれば良かったが。) 落選した社民党山城候補の3割程度の得票ながら当選しましたが、彼がヤマトの右派や維新支持者とは異質の心情を持つことは記憶しておくべきことと思う。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ