TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:保護者
ノーベル物理学賞受賞 Higgs 氏の理論と,故人ではあるが,20世紀最高の中国系数学者・陳省身(S.-S. Chern) を理解しよう.
投稿者:TAMO2
Mr.S:

うーむ、科学者は常にそれを突き付けられますね。

とりあえず、メモで一番気になるのは「宇宙という書物は数学の言葉で書かれている」(ガリレオ)で、その言葉を理解するところからやらなければならないと思っています。

Mr.Sのチームがどこまで行けるか見届けたい気持ちが強いのですが、そこに登場する数学が分からないと味わえないですからね。色々伺ってもいいでしょうか? 最近多忙を極めているようで、話しかけづらい・・・。


それと、転勤してからの夢、「反応をCFDできちんと表現する」ことは、今も捨てていません。そのためには、N-Sの自前コードを書けなければ、話にならんかなあ、と。層流流れの反応から。
投稿者:推測して
Tamo2さん。科学者として、どう実践されますか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ