TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
天皇制を、反対意見を黙らせるための道具でも、差別を肯定する道具でもない形で意味づけようと思えば、「私たちが内外に対してとるべき態度をともに考えていく際の道標」ということになりましょうか。
本人は極力意味のある言葉を発しないことで、国民が天皇を理想化された人格として捉えることがミソでしょう。「このようにふるまうことが御心にかなう」という視点から議論することで、結果として特定の人間の利益よりも社会全体の利益を考えた意思決定になることが期待されるのではないでしょうか。
実際には天皇を担いだ議論が、そのような方向に進むことは極めて希なので、全くもって信用ならないのですが。
投稿者:TAMO2
どんぴしゃのタイミングで、千坂氏のツイートが!

千坂恭二 ‏@Chisaka_Kyoji 3分
@muhonnocream 反ヘイトスピーチ活動の限界について言いたかったことは、個別の反ヘイトスピーチ活動ではなく、正義に依拠する活動は、どれほど正しかろうと、結果的に現存秩序に絡め取られざるをえないということです。その意味で必要なのは正義ではなく、正義の次ということです。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ