TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
彼らの十字架
------
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1142410819/367

「自然と話は学内の恐怖支配と内ゲバのことになった。どちらも間違いであっ
たという結論になっているようだ。」(TAMO2ちんの日記)

内々では、こんなこと確認しておいて、機関紙では「三頭目の処刑」をいまだ
に掲げているから、信用がおけないつーの。
投稿者:tamo2
元祖趣味者さん、おはようございます。独善と言えば、小生にあっては、マルクス主義者全般に言えることであり、特段中核派だけ、というわけではないと考えております。(一番酷いと思うのはやはり日本共産党です。)マルクス主義党派は、どうして独善に陥るのか? これも一つの課題です。

さて、彼らが本当に変わるのかどうか、小生は(生)暖かく見ていこうと思います。上の文章には書いていませんが、別れるとき「恐ろしく長く厳しい試練になりますね」と言いました。
投稿者:元祖趣味者
おれは信用しない。これだけは確かだ。時期が変われば、あの団体は、またもや独善に走る、歴史がものがたる。だって対カクマル戦争をいまだに言っているんだもの、その矛先は、すぐに180度変換する。彼らは、いっしょう暴力批判論を理解できないだろう、そのお頭も経験もない。でも、支持せざるをえないくらい、ブント系は駄目になってしまったのだ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ