TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 連投失礼
>TPPの交渉においては、日本側は頑張っている

 これは買いかぶりすぎかと。 米議会内で「与党」???民主党の反対が強いから、先行して日本に交渉促進表明されてしまうと、「与党」内の反対者が増えてしまう。(円安で相対的に安くなった日本製品に対する懸念が米民主党では強い) で、あるから議会の方オバマ大統領に交渉権を贈呈するまでは日本側も促進表明はできない。(空気を読んでいるあるいは読まされている。 かつて、中国がチベットを弾圧した際に北朝鮮が支持声明を出して、2chが祭になった。 「中国は(北朝鮮に)空気読めよと思ってるだろうな」という意見が多かった。)
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 日本は法治から人治へと一時代前の中国を理想にしているのでしょう。(現代中国にしたって建前上は人治から法治へ相対的には動いているように装ってはいる。)
投稿者:TAMO2
ニフティーニュースを転載。

----
 中谷防衛大臣は、先週の安全保障法制をめぐる国会答弁で「憲法を法案に適応させる」と述べたことについて、10日、一転して「趣旨を正確に伝えられなかった」と発言を撤回しました。
 中谷大臣は、新たな安保法制が憲法に違反するという指摘が相次いだことに対して、先週の国会審議で「現在の憲法を、いかにこの法案に適応させていけばいいのかという議論を踏まえて閣議決定を行った」と答弁しました。

 安倍内閣が進める法整備のために憲法を都合よく解釈したとも取れる発言で、10日の委員会でも認識を質されました。

 「普通は法案を憲法に適応させるのであって、憲法を法案に適応させる、この発言を撤回した方がいいと思います。本音がぽろっと出たのかなと私は思います。この発言は撤回するということでよろしいですね」(民主党 辻元清美 議員)

 「確かにあの言葉でございますので、違った意味にとらえられる部分もございますので、発言の趣旨を正確に伝えられなかったということで、ただ今、申し上げました趣旨に訂正をさしていただきたいと思います」(中谷 元 防衛相)

 中谷大臣は、「憲法を法案に適応させる」という発言を「撤回する」とした上で、「安全保障環境を踏まえて、憲法解釈がどうあるべきか議論し、法案を作成した」という趣旨だと釈明しました。(10日14:55)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ