TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:1968組
申し訳ありません、個人情報の一部を晒けさせてしまって。
私が’48生ですので17の開きですか、フッッ・・・・(老いぼれた!)。
’65生まれですと、私のネットお友達の”おっとせい”さんとほぼ同年代ですね。
<a href="http://ottosei.com/index.htm
">http://ottosei.com/index.htm
</a>
「ココアの一匙」という検索用語で彼のHPに行き当たったご縁です(啄木が好きなもので)。
おっとせいさんは”64生、確か京都某国立K大出ですよ。
私のHPのリンク集にも載せさせていただいています。

”教条主義”という表現は、普通は否定的な意味で使われますが、
私らは、アナクロで何でも有りの余りにも無教条な自らの行動パターンに対し、戒めの意味がありました。
これにレーニンという名が加わると、もう神の啓示にも等しい神々しさがあったものです(笑。
結局何人も一本釣りにあってしまいましたが。
実際、駿河台トライアングルの中大や明大の赤ヘルやモヒカンさんは格好良かったですよ、カルチェラタンの催しも野次馬でご一緒しましたし。

だんだんに、団塊レトロ親父になってしまいますので、この辺で。
今後もこのブログ、私にとっては教条的に読ませていただきますので、よろしく。
もうすぐお昼休みです。

http://www.z930.com/
投稿者:tamo2
小生は1965年生まれです。

色々言われているレーニン、特に『国家と革命』は、今でも十分読むに値し、しかも教えられるところの多い書物ですね。

レーニンの書物を教条にすると、レーニンが怒るでしょう(笑)。
投稿者:1968組
tamo2さんの年齢が分からないもので、世代のあらきを前提とした物言いがし難いのですが。
バリケードを追われ、中大の学館にお世話になったときに、そこの主の赤ヘルに勧誘されたことがあります。
レーニンの「国家と革命」「何を為すべきか」の2冊の文庫本を渡されました。
少し経って、「読んだか、どうだった?」
居候ですので、読んでないと云えずに言葉を濁して「ハアー・・、??」
返事に窮していると。その赤ヘルさんはこういいました。
「そうか、読んだか、これであなたは立派なレーニン教条主義者だ!」

少しちゃらけて書きましたが、これは実話です。
これで私らの学部闘争委員会から2〜3名赤ヘル被るように者が出ました。
中大の赤ヘルさん、右も左も分からぬ私らにはかなり手を焼いたようですが。
でも、防衛庁に丸太で突っ込んだ部隊の最前列は、殆ど私の仲間ですよ。
もう一度あの時期に帰ったとしたら、もういちどやるかなあ・・・、分かりません。

http://www.z930.com/
投稿者:tamo2
1968組さん、はじめまして。リンクありがとうございます。

左翼の闘争形態について、最近しゃれにならないレベルで考察する必要がありました。(小生は、追い詰められて公安と接触せざるを得ないことになったヘタレです。しかし、ヘタレは闘争に係るなとなると、それは恐らく殆どの大衆は闘争に係れないでしょう。)

結論だけ言えば、左翼は基本的に負けを必然化されているようなところがあるんですよね。

恐らく、インテリジェンスだけでは突破できません。小生が1968年前後に青春を送ったならば、闘争に参加しなかったと思います。

なお、小生がレーニンを――農民大虐殺の赤色テロ政策に責任があるにせよ――深く尊敬するのは、その点を突破したからです。
投稿者:1968組
私(達)には無いインテリジェンス溢れる内容なもので、昨日ついつい1時間ほど読ませていただきました。紹介のウェブ進化論も早速ネットで注文しました。
しかし、これだけ明晰な方が仲間にいたら、私等ももっと違った結果になっていたかも・・・、残念です。
リンクを張らせていただきました。

http://www.z930.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ