TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:トテトテトテ 
タマです。飼主は言います。
>地元大阪でこんなことおきてます
以下実話。男性O(七十歳代)。最初の妻との間に娘あり。娘は同和地区出身男性と結婚すると決意。Oは猛反対。娘は譲らず結婚断行。Oは娘に対し一方的「縁切り」宣言。一方Oの日常は定職に就かず妻にすべての家事を任せきり。偶然知ったモルモン教会付属施設で宿直のようなバイトをやりながら教会にやって来る若い女性を密かに物色。当時二十歳そこそこだった女性Kに声を掛け素人話芸を用いて誘惑し結婚へ持ち込む。とほぼ同時に最初の妻と離婚。新妻Kの家族の前では前妻がまったく部屋の掃除をせず家はゴミだらけと悪口雑言を吐き散らして嗤いものにしていた。ほどなくOはKとの間に男児(2人)をもうける。男児が大学生くらいに成長した数年前、Oは二人目の妻Kの隙を付いて別の女性と浮気したがKにばれた。しかしKは離婚したくても出来ない。「母子家庭」となると男児の就職結婚だけでなくそもそもOによる差別的言動の数々、最初の妻との離婚歴、浮気歴など、子供らの将来に不利な条件ばかりがこれでもかとばかりに揃ってしまっているからである。現在KはOにまんまと騙されて一方的に子育てさせられたことを後悔。なぜOとの結婚を止めてくれなかったかと家族に当たり散らす始末。さて、結果的にOの劣悪な思想の犠牲となったK。実はタマの飼主の妻(病気療養中)の実の長姉。次姉の親戚には作家=山崎豊子(故人)がいる。つまり毎日新聞社はとうの昔にそのことを知っている。が毎日新聞社はなぜここまで陰質な凶悪差別主義者Oの行状を暴露しないで放置しておくのか不可解。前代未聞に思えるOの差別一筋な行状の記録をとっとと捉えるべきではないか。トテトテトテ〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ