TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
中核派には、今年お会いしましたね。まあ、まだマトモな雰囲気ですね。カルトのそれではありません。

ところで、革マルさんは、放置するのが自他とも良いのではないでしょうか?
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1153991432/913

なんつーかさ、革マルは他の誰からの支持も連帯も求めてないと思うのね。少なくとも対等な関係としてはね。

早稲田の革マル弾圧に対しても、誰も糾弾しなかったでしょ。本来はたとえ弾圧されたのが対立していた党派であろうとも、国家権力による思想弾圧は許されないというのが、左翼的には普通の考えなわけですよ、でも誰もそんなこと言わなかった。
しかしこれはね、糾弾の声がおこらなかったのが問題なんでは全くなくて、革マル派自身が”自分で望んで”そういう関係性を作り出してきたことの「成果」なわけじゃないですか。
何しろ対立党派どころか、自分を一言批判しただけの一般人まで殺しちゃった集団なわけですからね。
投稿者:若造
民青の人たちも、そんな感じだと聞きます

中核派は元気あるのでしょうか?
投稿者:tamo2
実は、先日、革マルのメンバーをそばで見る機会がありました。もう、なんというか、生気がない眼で、昔会った統一教会=原理研の諸君と同じでした。
投稿者:tamo2
末端の革マル党員には「早くおやめなさい」という言葉しか思い浮かびませんね。

革マルは、この問題について、最初のボタンを「教育的措置」という傲岸不遜な立場から、そしてそれは多くはマルクス主義の持つ陥穽に「誠実」であったからこそ陥った立場から行ったと考えております。

それは、中核派の課題/問題を考えるよりも「面白くなくて益のないこと」と思います。

ちなみに、最後の内ゲバ殺人(1986年)は、小生のすぐそばで行われました。殺された人は知人です。
投稿者:若造
お邪魔しますm(__)m

みなさん揃って革マルを敵視されますが、末端の革マル党員は、どうなのでしょう。

革マルメンバーの立場からの考察をお願いできないでしょうか?
考えるにも値しない問題でしょうか?

私はどちらにも加担しておりませんが、もっと彼らの心情を知りたくて…
投稿者:tamo2
ついでに、だからさとさとがBUNDとか言う団体を告訴するのは、正しいのである。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ