TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
投稿者:tamo2
富山は観光資源と結びついて、かなり好循環が発生しているようですな。

高齢者交通事故が急激に増えており、公共交通の整備・充実は急務だと考えます。(バスなんかを含めて)

今日、1965年11月の時刻表をゲットしました。国鉄黄金期のもので、眺めていて飽きが来ません。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
2004年12月出版の「ローカル線に明日はあるか」という本。
http://www.amazon.co.jp/%30ed%30fc%30ab%30eb%7dda%306b%660e%65e5%306f%3042%308b%304b%2015%5b9f%614b%691c%8a3c%5730%65b9%9244%9053%30fb%8def%9762%96fb%8eca/dp/4330821044/ref=sr_11_1/503-1918749-6652744?ie=UTF8

 ローカル線だけでなく、LRT・路面電車にもページを割いた良書です。(著者は鉄道存続応援派) その中で、「新設プロジェクトの事業性」というページで某商工会議所での講演について記しています。費用便益計算の必要などについて話したところ、「採算が悪いのはわかっている。 その話をすると構想が前に進まないからやめてくれ。」と言われたとのこと。
 要するに真面目に分析すれば、LRT・路面電車の新設・復活のほとんどの構想は絵に描いた餅であると酷評しています。 ただ、著者は仮想で新設ケースを分析していて、「インフラ整備の半額に補助を受けられれば、債務償還年数51年。 上下分離で上のみの負担なら26年で債務償還可能。」とした結果を出したりしています。 また、架線不要のハイブリッド・トラムが実用化されれば、実現可能性は高まるとしています。(ネットで見れば2010年くらいには実用化できそう。)
 今、具体的な計画があるのは富山市で0.9km延長する計画くらいでしょうか?
投稿者:tamo2
都市では「ちんちん電車」が復活して欲しいです。
パークアンドライドも普及したらいいのに。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 鉄道が復権しますな。

 さて、鉄道事業法対象外ながら世界最長の乗用モノレールが徳島で開業。
http://www.topics.or.jp/News/news2006080803.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ