TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2@靖国神社へgo!
性犯罪は、社会保障・福祉の貧弱から由来する犯罪と区別されるべきだと思います。

山本譲司議員の「獄窓記」には、福祉としての刑務所に関する記述がなされているそうですね。
投稿者:tamo2@靖国神社へgo!
チン切という発想は、犯罪一般ではなく、性犯罪抑止という観点から書いております。

フロイトあるいはバタイユの議論から観ずるに、性というものは生き物の過剰なエネルギーの発露であり(何しろ、子孫という名の分身を作るためのものですから)、それは現れ方が大事かと。本田尊師流に言うと、鬼畜(たとえば、レイプとか)に行くことが問題で、そっちに行っちゃうならば、何なりの対策が必要かと。個人的には恵まれているので必要ないのですが、性風俗産業全般を否定する論理に立てない理由がそこにあります。

で、チン切をされた過剰なるエネルギーは、その行き場を性という形で失われた場合、痙攣するエネルギー=暴力という形で現れるであろうことは、これまたフロイトらの理論を是とするならば、容易に推測がつきます。その意味では、チン切は根本的解決には繋がらないでしょう。しかし、それでもなお、幼少の頃から叩き込まれた「弱いもの苛めを許すな、必要とあらば(いや、経験的には大概必要なのですが)実力(=暴力)でもって対峙せよ」という精神に従い、ちったあマシと思えるチン切を言うわけです。性暴力は暴力全般の中で、もっとも卑劣であり、他の現れにしたほうがマシだと考えます。
投稿者:makoto
>「2回やったらペニスを切れ」(TAMO2さん)

これって科学的にどうなんでしょう?
性犯罪の常習者の場合、性器を切除すると却って暴力的になるので、犯罪抑止にすらならないのではないか?という学者?の議論を何処かで呼んだ記憶がありますが・・・、詳しいことはよく分かりませんが。

あと、再犯については、(1)凶悪犯罪を行った者は再び凶悪犯罪で再犯を犯す率が高いのか、それとも(2)社会復帰がスムーズに行かないゆえにカネ目当てで犯罪を犯しているのか、あるいは(3)シャバではまともな生活が出来ないゆえに「刑務所に戻るために」犯罪を犯しているのか、等について精緻に分析する必要もあるような気がします。

最近は、(2)や(3)のパターンの再犯者も少なくなく、刑務所が「福祉施設」化しているのではないか?と指摘する向きもあるようです。

http://blog.livedoor.jp/zatsu_blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ