TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
だから、そういう日本人的体質を色濃く持つト田さんが宮崎学を擁護する感覚も、実は分かるのです。しかし、ズブズブにやっているとかなりヤヴァいのも確かで。縁を切れというおこがましいことは小生は言わない。しかし、一定、警戒しておくんなはれ、とは思います。
投稿者:tamo2
宮崎学兄さんの場合は、何だかんだ言っても任侠の徒の端くれ(←あえて)ですし、任侠の世界と右翼は切れない縁があるし、まあ、あっち方面は理屈じゃなく人的繋がりで動きますしね。

で、そういう感性は、左翼以外の日本社会には色濃く刻印されているんじゃあないかと。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 わからない人間の標本なんですが。 「権力者(エスタブリッシュ)一般に対して怒りを表明した者の擁護?」、「政治犯一般に対する仁義?」
投稿者:tamo2@靖国神社へgo!
と田さんの場合の課題は、自分のセカイがすべてのセカイと誤認するという、左翼にありがちなものですな。プロトコール(約束事)については、まっぺんさんとの「交流」を見ると、自分が作ったルールを自分で守らない。

好悪だけから言えば、好きだけど、しかし、この人墓穴を掘りまくり、いずれは基盤さえ、、、と危惧しとるのです。

マジモンのやくざは、上のことにセンシティブだと思います。

おまけ。宮崎学が加藤紘一氏宅放火犯の救援集会に出かけた理由が分からない左翼は、多分、力を得ることはできないと思います。
投稿者:元祖趣味者
戸田さんは、ワンイッシューだから、総合的に主張をみると、整合性がとれないこともあるさ。それでも、彼を好きな人が多いのは、そのワンイッシューの時の強さである。彼が鴻池寮委員会の時、かれのそのパトスとエイトスが全国の廃寮化闘争を闘う両自治会の連携を生んだし、その遺産(正と負)のおかげで京大の2つの寮が残ったんだ。阪大そして岡山大の運動の到達点(敗北の総括)を引き継いで、吉田寮が柔軟かつ狡猾な反対運動を組織し、それが結局、熊野寮の存続を可能にした。あっしは、大阪大学などの裁判記録、闘争記録を宮山から引き継いでいた。ヤクザをやるなら、覚悟が必要。そうでんかた大阪一台は残念な結果(杉本、志全)になった。
 僕にととって、戸田さんはそういう存在であり、徹底して大阪大学当局の反動を引き出したという(負けをわかって、負けの戦いに挑む)ことは慰安でも大きく評価している。そしてその作風は、今も同じであり、それが俺様と思われても、あっしは好きなんだなあ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ