TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
>「帝国主義は米国のみ」的視点から日本や独・仏と第三世界の不等価交換関係については弱そうな先入観を持っています。

あ、そうかも知れませんね。全く不勉強ですいません。しかし、時間の割り当てには優先順位がございますので。
投稿者:焚火派GALゲー戦線
 遅レス失礼。
>第三世界と先進国における不等価交換について述べられているわけだが、この理論はもっと広く敷衍されるべきなんだろうな。日本共産党はやっていそうだけど。


 教えて君で失礼します。 一時さざなみ通信編集部が「日韓自由貿易協定に賛成した共産党」を批判していました。 これから考えると共産党は「米国と第三世界」ならやってるかもしれませんが、「帝国主義は米国のみ」的視点から日本や独・仏と第三世界の不等価交換関係については弱そうな先入観を持っています。 別の話で今、現物がないのですが栗原登一(太田竜)が1960年代に「世界革命」(三一書房)で「ソ連が東欧の衛星国に不等価交換を強制している」と書いていることに気づき驚愕したことがあります。(当時の氏は最先端の理論を摂取してたのですね。)
投稿者:tamo2
あ、S・アミンというのは、マルクス主義経済学者で、「従属理論」というもので有名です。書評しか読んだことはないですけど。いつかは読みたいものです。

以下、wikiの「サミール・アミン」より。
サミール・アミン(Samir Amin, 1931年9月3日-)は、エジプトのカイロ生まれの経済学者。現在はセネガルのダカール在住。国連大学第三世界フォーラム部会長。

父親はエジプト人、母親はフランス人。エジプトのポートサイドで育ち、1947年から1957年までパリで政治学、経済学、統計学を学ぶ。パリではフランス共産党に参加するが、後に距離を置くようになり、毛沢東思想やクメール・ルージュの思想などからも影響を受けた。

マルクス経済学の立場から開発途上国の「従属理論」をフランク、カルドーゾなどと相前後して提唱した。彼の理論としては、世界資本主義システムでの中心=周縁論などが代表的である。

この議論は80年代には下火になるが、イマニュエル・ウォーラーステインの世界システム論に影響を与えることになる。

投稿者:tamo2
GOさん、こんにちは。アッテンボローさんのところではいつも拝見しております。

これから、ご提起された問題について、考えていきたいと思います。("2"では、1点目について触れております。)

道草さん、いつもお世話になります。共産党のことはともかく、「公共事業から談合を除去して完全自由競争にしたら労働者は大変な辛苦を舐めるでしょうね」というのは、例えば宮崎学氏が言っておられますね。小生も、同意しております。
投稿者:道草クー太郎
公共事業から談合を除去して完全自由競争にしたら労働者は大変な辛苦を舐めるでしょうね。社会もその返り血を浴びるのですが、消費者の票にしか関心のない共産党にはどうでもいいことのようです(笑)
投稿者:GO
はじめまして。アッテンボローその他で投稿しております、GOという者です。いきなり長文で失礼します。
>搾取論は、雇用・被雇用の関係だけで見ては現実を説明できない。…という問題意識には多いに賛同します。また、S・アミン理論については知りません(何ですか、それは)から、「マルクス原理主義(笑)」に基づいて問題提起したいと思います。
 まず1点目、マルクス経済学の説明の前提には「価値は価値どおりに交換される。」というのがあります。ところが生産が「過剰」になって競争が激しくなりますと、「価値を価値どおりに交換」されなくなり、労働者も資本家も「取り分」が少なくなるわけです。(労働者の取り分のほうがより少なくなる、というところで、搾取が発生します。)要するに、「過剰生産」を問題にしないと解決しないのだということ。
 2点目は、資本主義の発達により、小農などの「プチブルジョワジー」層は没落してゆきますね。これがさらに発展し、はたまた規制緩和の影響で起業がやり易くなったところに「あずみ野観光」の例のように、「もともと没落してしまった位置」から始めるプチブルジョアジーが発生したのだと思います。
 3点目は、マルクス経済学の説明事例は、生産される「商品」が財として蓄えることが可能(例えばトヨタが生産する自動車のように)だが、観光業などの「サービス」商品は蓄えが効かないので、生産力の向上がすぐに「過剰」に結びつくことにあるのだと考えます。
 いかがでしょうか?
投稿者:tamo2
しかしまあ、何で、社会人とILを対立させようとしたり、FCと対立させようとしたりする人がいるんでしょうね?>2の字。

ワシャ悲しいよ。
投稿者:tamo2
なるほど、コレですね。
http://trex61.seesaa.net/article/34412488.html

うん、色々な意味で苦笑いせざるを得ない。
投稿者:tamo2
うーん、意味不明な投稿が・・・。野球板のIL関連ですな。ちょっと調べてみます。
投稿者:2ちゃん
:代打名無し@実況は実況板で :2007/02/21(水) 22:59:04 ID:970S5Y3jO
>>671
↑こいつホンマのアホ。人が書いてる事の意味が全然わかってない。プロ野球に選手を供給するリーグって当たり前やないか。他に何があるんや?地域密着はリーグ存続の為に必要不可欠。綺麗事でも何でもない。お前の解釈がおかしいだけ
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ