TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
やん、あのなー

国立が上げれば、私学も上げる。教育の機会均等はますます
遠のく。地方の公立高校から、旧帝国大学に合格できるのは
ますます限られてくるだろう。
しかし、格差を付けるというのは、前から言われてきたことで、
国立大学が独立行政法人化されるときにも、議論があった。
いつの間に、財務省はこんなに独裁的な権限を持つようになった
のだろう。
成果の出る研究ばかりをして、成果が出るわけがない。
読売も、「目の前の成果」のため、高い金でFA選手を取ったり、
能力もない外国人選手を、外国人だからといって即戦力と妄信し
てとってきたり、自由枠でとったり、どの政策が成功したのかよく
考えてみればいい。
合衆国の繁栄を支えるコンピュータ技術をささえるのは、
インドや中国など「二流国」の留学生と技術者で、本来の合衆国の
国籍保持者がどの程度、「ものをつくる」ことに関わっているのだろう。
奴らは、マネーゲームをしているだけだ。
通貨はもう、兌換券ではない。米ドルに価値がないという共通認識
ができたら、どうなる???

ま、数学は基本的に実験をしないので、授業料は文系と同じでもいい。
法学部は、「屁理屈」を屁理屈と分からせなければならないので、その
基本的な道徳と社会規範を身につけさせるために、金がかかる。
財務官僚コースは、とくに100%の割り増し授業料にしたらどや?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ