TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tamo2
こちらこそ、ご無沙汰しております。『憲法とは何か』には、これからのお勉強に役立ちそうな読書リストがついていますね。

長谷部先生の表象・実体論的な論理構成は、憲法の世界にもあるんだなあ、と思ったのが第一印象で、だけどそれじゃあ鵺的だなあ、と思いました。

小生は本当は改憲派で、その鵺性に危険を見ているんですが、、、。

あと。憲法停止という方法は、実は北朝鮮問題について考えていたとき、取りえる手段の一つと思いました。自分が怖い。
投稿者:まこと
お久しぶりです。
近頃は多忙のため、ネットとか読書もままならない状況が続いています。

長谷部氏ならば、「憲法と平和を問いなおす」(ちくま新書)や「憲法学のフロンティア」(岩波書店)辺りもおすすめですね。

http://www6.plala.or.jp/Djehuti/401.htm
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/8/0227060.html

ただし、私は長谷部氏の自衛隊合憲論には懐疑的ですが。長谷部氏の九条論に対する批判としては、愛敬浩二著「改憲問題」(ちくま新書)などがあります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ