TAMO2ちんの日常

思想の嵐 猛(たけ)るとも 正しき道を いざ進め 

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMO2@実家
良くはわかりませんが、電気事業と電鉄事業は同じところがやってたりしてましたからね。石跳ねは、ちょっと高いところに設置することでOKかも知れません。また、最近はバラストなしのレールも多いです。
投稿者:セクトNo.7
>電池の効率より、設置費用の問題だな、多分。

そうですね。ローンを組まないで設置しても元を取るのに25年はかかります。売電がドイツみたいに高額で電力会社が『買わなければならない』なら、もう少し頑張って設置者が増えるんでしょうが。
あと、家庭用は60万から70万が相場の単価です。単結晶と多結晶では単価が違いますけれど。それと太陽は南から照りますので向きが単純じゃない。

鉄道路線に太陽光は面白いけれど、石跳ねでパネル割れないのかな?でも、自前で送電線持ってんだから面白いことにはなるでしょうね。やってみたら。電力会社は発電設備を作っても送電の設備で首根っこを抑えているから、どんな単価でも好きなように決められるもん。
鉄道会社は自前で送電線を持ってるもん。やってみる価値はあるでしょうね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ