ゆうか画廊では外車の絵のモデルさんの応募を受け付けております。材料費負担になってしまいますがこちらを御覧になり記念に絵を描いてほしいと思われたオーナーさんは、こちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。→volvov70robert@yahoo.co.jp ご連絡頂ければ折り返し詳細をお伝え致します。

2007/3/8

複雑な気持ち  

今日、1月から入院していた母が一時的な退院となりました

でも、個人的には複雑な心境です。
と言うのは
退院と言っても進行が止まったから退院できた、、、、のではなく、一回目の抗がん剤治療開始後に体内の白血球の数が自力ではあげられず(白血球の数が薬の力ではなくある程度自力で上がらないと次の抗がん剤が投与できないのです)、その為二回目の抗がん剤治療を開始できず、入院していても何も治療できないとの事から、自力で白血球の数を上げられるように体が回復してくれるまでの一時的な退院となったのです。
その為、進行が今回の治療で完全に止まった訳ではなく、今も進行している訳で、、、

でも、現在、ガン関係の病院のベット数は足らない状態が続いており同じ病気でベットが空くまで入院を痛みにたえながら待っている人達もたくさんいるのが実情の為、治療を開始できないで寝ているだけの患者さんや少しでも体調が回復した患者さんには退院をして診察に定期的に通ってもらわないとならないといった感じになっていて、私としては複雑な心境です。

自宅療養は悪化するかもしれないと言う不安もありますが、白血球の数を自力で上げられるようになって再治療の為にまた入院となる事を今は願うのみです


この一時退院にあたり、また少しずつ絵画作製を開始する事にしました。一番お待ち頂いています、二等兵さん、komaさん、また再開いたしますのでお待ち下さい〜
0



2007/3/14  20:25

投稿者:ゆうか

mintさん
お返事遅くなりましてすみません。実は日曜から風邪で高熱と痛みに襲われ、昨日までメールをするのもままならない程の死亡状態でした。
ここはリフレッシュ休憩ってのも良い考え方ですね。今は前向きにと私も思えるようになりました。
ありがとうございます。

bincaさん
お返事遅くなりました〜&ブログにお帰りなさいませ〜。
ありがとうございます。今は皆様の励ましのおかげで私も私にできる事をできる限りやって見守ろうと前向きになっています。
私もこんなで、絵画制作は一時中止していたのでお見せできる作品も余りありませんがどうぞいらして下さい。あれからbincaさんのおめめもどうなったのか?こちらも近々お邪魔させて頂きます。

http://red.ap.teacup.com/volvoandrobert/

2007/3/14  10:44

投稿者:binca

ゆうかさんご無沙汰してました〜!
お母様、退院なさるとのこと。心もとなく不安であるお気持ち、お察しいたしますよ〜!
でもひょっとすると温かい家族がそばにいてくださることでお母様の気持ちも前向きになり数値が上がるかもしれません。
とてもお辛い心境であると思いますが、優しく見守って差し上げることで希望が出てくるかもしれません。
回復されることを心から願っておりますね。
4月以降はもっと頻繁にこられると思います。
また素敵な作品を拝見させていただくのを楽しみにしていますね。
時間が出来たら過去の作品も見に参ります〜!

http://blogs.dion.ne.jp/hon_mono/

2007/3/12  16:42

投稿者:mint

病院にいれば24時間の医療体制で安心なのですが、ストレスもかなりかかります。
ここはリフレッシュ休暇と思い、お母様共々ゆったり過ごせたらいいですね。(通院は大変でしょうが…。)

一日も早く白血球の数が上がり、再治療出来ることを願っています。どうぞお大事に。

http://blogs.dion.ne.jp/atelier_tonton/

2007/3/11  6:03

投稿者:ゆうか

v740gleさん
我が家にも数年前の空気清浄機がありますが、使用しているのは父がタバコを吸う時くらいですね(笑)

こぐまさん
お気持ちとても嬉しく思います。ありがとうございます。
始めて倒れて動けなくなった時、病院を転々として病名がわからずにいた時、偶然以前から母が通っていた接骨院の先生が母の病気に気付いて自治医大の先生に紹介状を描いてくれなかったら、、、、
もし、自治医大でもこの病気に気付かずにガンセンターを紹介してくれなかったら、、、、
いろいろな人との不思議な縁でここまで来れたのだとつくづく思います。
これからも私も出来る限りの事はしてあげたいと思います。実は支られているのは私の方かもしれません。

http://red.ap.teacup.com/volvoandrobert/

2007/3/10  23:43

投稿者:こぐま

何か言葉をかけようと、、コメント欄にカーソルを当てて10分、、、どういったら分からず、自分にはお母さまの回復をただただ祈ることしか出来ません。
限られた条件でしょうが、お医者様も今の環境で出来る限りの治療をしてくれていると思います。
ゆうかさんも、ゆうかさんだけしか出来ない事、出来る事でしっかりお母さまを支えてあげて下さい。

http://blogs.dion.ne.jp/koguma_alfaromeo/

2007/3/10  22:30

投稿者:v740gle

>やはりホコリや菌には弱い体にはなってますので、家の中も常に綺麗にして食べ物も、、、と周りが気をつけなくてはならないですね

そういえば、私が花粉症空気清浄機が有ったので利用していました。
また後にウイルス・菌にかなり効果のある機種が出たので追加しました。
今の機会ですが。
http://national.jp/product/air/air_cleaner/air_cleaner/f_pxb55/p2.html

http://www.sharp.co.jp/kuusei/fu/point/index.html

気分的な物ですが。
家のはもっと古いですが。

2007/3/10  6:02

投稿者:ゆうか

ぴぃたろーさん
ありがとうございます。
確かに日本の医療のバランスの悪さを痛感します。
完治できる治療は見つからなくても進行を止められるかも?と言う治療は年々増えてきていて、そうなると進行が一時的に止まる患者さんも増え、年々生き長らえる人が増えるって事は治療や入院を必要とする人達が増えるって事なのに、その肝心の医療設備の数が伴わないってのは国は医療関係者はどう考えているのか?すごく疑問がわきますね。
でも、前向きに考えようと思います。

v740gleさん
ありがとうございます。
確かに名医の人はいるかもしれませんが、その人の治療を受けられる人が一体どれくらいいるのでしょう?それにその方が本当に名医なのか?ただ周りに祭り上げられているだけなのか?メディアの情報を全て鵜呑みにするのもまた危険でもありますよね。
MRSAにかかりやすくなる程今は抵抗力が弱っている訳ではありませんが、やはりホコリや菌には弱い体にはなってますので、家の中も常に綺麗にして食べ物も、、、と周りが気をつけなくてはならないですね。私もおちおち風邪などひいてはいられないと気を引き締めている今日この頃です(笑)

hirokoさん
ありがとうございます。
ベットが空きようやく入院できた時には、入院できて良かったと喜んでいましたが、不思議なもので、いざ退院できるとなると、家に帰れる、良かった〜。などと母も家族も思ってしまうんですよね。
でも、家では24時間体制で医者に診てもらえる訳にも行きませんし、毎週1回は片道1時間の通院をしなくてはならないので、まだまだいろいろ忙しい日々が続きそうです。

http://red.ap.teacup.com/volvoandrobert/

2007/3/10  0:10

投稿者:hiroko

>自宅療養は悪化するかもしれないと言う不安もあり・・・
退院なさつて、良かったとは言えません。
白血球の数上がったか・・を調べるのには・・病院へ診察してもらいに出かけるのでしょう?
日本の病院制度の遣り方・・!
再入院料金が又、患者から取れるとも・・申しますね !ベツト数が足りなくて入院待ちる事も有るかも知れませんが〜?
問題にもなってます。
どうぞ、お母さまも わが家がよろしいでしょう。ご家族でお労り、お世話して差し上げてくださいませネ。

抗がん剤治療を開始出来ます様にお祈りいたします。


2007/3/9  21:29

投稿者:v740gle

家族が病気になると、本当に日本の医療はと思うことが沢山です。
良くテレビでこんな名医がとか放送あると笑っちゃいます。
それを信じて日本の医療はすごいと思ってしまう人が多いのが、困りものです。
確かに昔よりはと言うのはあるのですが。

体力的に弱っているとMRSAとか掛かりやすいのできをつけてくださいね。
父親はMRSAになってしまい大変でした。

2007/3/9  20:11

投稿者:ぴぃたろー

なんだか、日本の医療の
「粗末さ」を感じてしまいますよね?
でも、自宅に帰るとお母様も
落ち着くと思います。
きっと、白血球の数も上がりますよ!

http://blog.kansai.com/oekakiblog

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ