ゆうか画廊では外車の絵のモデルさんの応募を受け付けております。材料費負担になってしまいますがこちらを御覧になり記念に絵を描いてほしいと思われたオーナーさんは、こちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。→volvov70robert@yahoo.co.jp ご連絡頂ければ折り返し詳細をお伝え致します。

2009/3/10

和と洋を食べくらべ  ゆうかの個展

先日の週末は
二日間続けて美術館へと絵画鑑賞に行ってきました

土曜日には
国立西洋美術館で開催中の
『ルーブル美術館展』へ
クリックすると元のサイズで表示します

開催されて間もないのと
名前が余りにも有名で先行してしまっている事もあってか
入館前から列に並び
待ち

ようやく館内に入れたかと思えば
中もかなりの混雑で
絵の前にたどり着くのもやっとの思い
作品を味わう余裕もままならない状態でした。
作風は全体が17世紀ヨーロッパ絵画と補足してあるだけあって
宮廷画/宗教画/風景画等が主
超有名所を集めたといった形でも無かった為
割と玄人向きの企画展であったと言える。
絵をほとんど知らない素人の方や17世紀の絵画が余り得意では無い方にはお勧めできないでしょう。


総合的評価としては
名は知れていて有名だが、ちょっと肩の凝るフランス料理のお店で
緊張した面持ちでコースを頂いた気分。
少し単調で出てくる品数も多く胸焼けぎみに、、、、、と言った感じでしょうか。




翌、日曜日には
目黒雅叙園で開催されている
『平山郁夫展at百段階段』へ
クリックすると元のサイズで表示します
こちらでは国の登録有形文化財に指定された百段階段と
平山郁夫氏の作品54点を観覧しました。

開催されていいるのが美術館では無い事もあってか
訪れた際にはお客様もそれほど多くは無く
一点一点じっくりと観賞する事ができました。

今回平山さんの作品は殆どが素描画でしたので
普段目にしている日本画とは違った
水彩のにじみの味わいを楽しむ事ができ
また、
絵の飾られている各部屋の天井や壁、
階段の天井から窓ガラスの枠にいたるまでが作品同様にとても素晴らしく
正に建物全体が観賞に値する芸術品で
360度全てにおいて目を楽しませて頂きました。


総合評価としては
古式ゆかしい懐石料理を頂いて
その艶やかさに目での満足感は充分でしたが、
もう少しメインの物(平山氏の本画)が2〜3頂けたら満足できたのに、、、、と言う
少しもの足りなさも感じました。



皆様も興味を持たれましたら
一度足を運んでみて下さい
2



2009/4/14  1:13

投稿者:ゆうか

めぐっち

お久〜。あらあらもしかして風邪ひいちゃった?
お仕事も毎日忙しいのかな?余り無理するんじゃないよ〜(^^)
じゃあ今度一緒に美術館に行こうか〜?!

2009/4/13  11:52

投稿者:めぐっち

お母ちゃん久しぶり!
元気にしてるかな?
私は仕事でいっぱいいっぱいだけど頑張ってるょ!
今は扁桃腺が腫れてて電話番が辛い感じ(笑)
大好きな美術館でいっぱい絵を見れたみたいだね〜
私も興味はあるけど知識はないし美術館のイメージは「気安く触らないでくださる?」って感じで中々行けません(^_^;ゞ

2009/3/24  19:04

投稿者:ゆうか

ぴぃたろーさん
お返事遅くなりました汗
そぅなんですよ〜^o^
「ルーブル展」「MOMA展」と言うと人気で何時も行ってもかなり混雑するので気合を入れて行かないと…なんですよね〜。
平山展には、ぜひぜひ行ってみて下さい!

2009/3/22  14:56

投稿者:ぴぃたろー

ルーブルの人気すごいですよね。
人の多さに「ぐは〜っ!」と、なったことがあります。
平山画伯の展覧会は、関西にも来るようなので
行ってみたいなぁ〜。


http://oekaki.blog.eonet.jp/oekakiblog/

2009/3/11  0:52

投稿者:ゆうか

よしとさん

幼少の頃に平山氏の作品を目にしていたなんて贅沢で羨ましい限りです。
私も平山氏のあの作品の色合いが大好きです
(^-^)


hirokoさん

ご紹介していた雅叙園に行ってきましたが、本当に建物全体が芸術で素晴らしく感激しました。
ルーブル展に行かれる際はぜひ平日の空いている時間に行って下さい。hirokoさんでしたら充分に楽しめると思います(・∀・)

2009/3/10  10:04

投稿者:hiroko

2日間 続けて絵画鑑賞を楽しみでしたか!
平山画伯の色々のが有り良いですが・・
展覧会場 各部屋の天井、壁、素晴らしいでしたよね。

17世紀ヨーロッパ絵画を三つの大きなテーマ
やはり込んでましたか。6月半ばまで〜
空いてそうの平日、朝一番に出かけないとね〜かなぁ・・。
「レースを編む女」など・・
見られな「それぞル−ヴルの画」が見られる。
近いうちに大満足してきます。(笑)

2009/3/10  2:14

投稿者:よしと

平山画伯の絵は
箱根の成田美術館でよく拝見していました。
実はあまりに子供で両親が連れて行ってくれてた事も
事実として知っていましたが
その絵が平山画伯のであったと最近知りました(^^ゞ

http://blog.livedoor.jp/guitar4410/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ