ゆうか画廊では外車の絵のモデルさんの応募を受け付けております。材料費負担になってしまいますがこちらを御覧になり記念に絵を描いてほしいと思われたオーナーさんは、こちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせ下さい。→volvov70robert@yahoo.co.jp ご連絡頂ければ折り返し詳細をお伝え致します。

2009/9/11

絵心を刺激するもの  ゆうかの個展

ここ最近は自分の為の絵の制作も始めてみた。
するといるんな事に増々興味が出てくる
クリックすると元のサイズで表示します

様々な所に行き
様々な物に触れる
クリックすると元のサイズで表示します
自然と五感が刺激させて
色んな絵の肥やしができてくる
クリックすると元のサイズで表示します
これも絵描きにとっては必要な時間なのかな
6



2009/9/14  16:37

投稿者:ゆうか

ぴぃたろーさん
そうなんですよ〜。
ぴぃさんの「歌を聞いてうまれる絵」の様に
色んな物から色んな形での刺激が
絵の肥やしになるんですよね〜。

純さん
安曇野にはアートラインと言う様々な美術館を繋ぐ道がああるんです
ね。周辺の景色も美しく素晴らしい場所ですね。
初めて知りました。
大熊美術館にも足を運ばれたと言う事は陶器にも興味をお持ちなので
しょうか
著名人の方の作品を集めた夢穂高美術館には私も一度足を運んでみたい
ものです。

2009/9/13  10:15

投稿者:純

全く素人の私ですが、印象的だった所は『夢穂高美術館』と『大熊美術館』です。 『夢穂高美術館』はその作者は決して芸術家ではなく、多方面で活躍されている方の作品ばかりを展示されているのですが、私はその中でも加○雄三さんの【北風に】という作品が強く印象に残っています。

2009/9/12  22:22

投稿者:ぴぃたろー

「空っぽ」では、絵がかけないような気がしますよね。
よい、季節にもなってきたので
私も、絵の肥やしを集めよう♪

http://oekaki.blog.eonet.jp/oekakiblog/

2009/9/12  21:01

投稿者:ゆうか

純さん
コメントありがとぅござぃます。
長野のどちらの美術館に足を運ばれたのでしょうか?
五感を刺激されるだなんて
素敵な体験をされましたね。
私もまだまだ足を運んだ事の無い美術館が多いので
これからまた少しずつでも観て何かを感じらるたらと思います。

2009/9/11  22:25

投稿者:純

日常生活で、絵画と触れあう機会はそうそう多くないのが実情ですが、たまたま旅の途中で立ち寄った長野県の美術館で鑑賞した絵画から、人間の五感でありのままに描かれたその美的センスと表現力に感心した事があります。 長野県の中でも、とりわけ安曇野周辺にそういった美術館が多く点在している様におもいます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ