2020/7/29

真夏の歩き遍路・讃岐釜揚げ地獄の巻(4日目)  旅行


令和2年7月21日(火) 4日目

初日から最高気温31度⇒32度⇒33度
と私を苦しめる讃岐。

この日の最高気温予想は…34〜35度

やっぱり讃岐が私を殺しにかかってきている。





とはいえ、この日歩く距離は塩屋駅〜志度寺の3kmと志度寺〜長尾寺の7km
合計10km程度。

ゆっくり歩いても午前中には終えられる距離です。

クリックすると元のサイズで表示します

8:15 塩屋駅出発

暑いは暑いですが、この日はまばらに雲があるため、
時折、日が陰ります。
また、風が少し吹いているため、体感としては
この3日と比べると比較的楽かな…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

志度の街並とか平賀源内の旧邸とか楽しむ余裕があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

8:50 86番札所 志度寺

外からはあまりそうは見えませんが、境内の中はかなり木や草が茂っていました。
…もしかしたら、コロナの関係で多少手入れが遅れているのかな?

とにかく、これで霊場はあと2つ。


志度寺を出発すると、海沿いから進路が内陸に切り替わります。
すると、風はあるものの少し湿った風に…
気温も上がり始めました。

早めにコンビニにイン。
ここでコンビニにある物があることを思い出します。

凍ったペットボトル。

ああああああ…!!!
そうだよ、凍ったペットボトルは有効じゃん!!

今更気づきました。

小型リュックの背があたる部分にタオルを巻いた凍ったペットボトルを充てます。


圧倒的、快適ッ!!

背中の真ん中を冷やしてくれるので、
歩いていても慢性的に熱くなることがなくなりました。

快適に歩を進めます。

そして…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

11:30 87番札所 長尾寺

今回の歩き遍路はここで区切りなので、のんびりと川を眺めたり、
まったりと進みながら、到着しました。

これで、残りは大窪寺への16.5kmのみとなりました。
涼しくなったら、最終決戦に挑みましょう。



今日はこれで瓦町に戻り、まったり拠点で体力の回復に
努める予定でした。

しかし…凍ったペットボトルの件もあり、
体力には少し余裕がありそう。

よし!じゃあ、「歩き遍路」はここまでだけど、
一足先に大窪寺に行ってみよう。

…ってことで、長尾寺のそばにある大川バスの本社から
大窪寺行きのバスに乗車することに…


途中、前山おへんろサロンとか通過します。
次回はキチンと寄らせていただきます。


そして…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

14:15 88番札所 大窪寺(結願?)

一応…結願、ではありますが、
自分の心は歩き遍路での結願が目標なので

「ケツガンカッコカリ」

とさせていただきます。
(納経帳は書いて貰いましたが…)


遅めのお昼は大窪寺脇の野田屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

野田屋さんのうどんは「結願うどん」とも言われております。
一口いただくと、今回の旅で食べたうどんの中で
ダントツにコシが強い。
それでいて、シコシコとしたしなやかな食感もある。

これは、美味しい!

うどんのおかわりをしてしまいました。


16時前に出る最終バスに乗り、長尾駅(ことでん)へ…

クリックすると元のサイズで表示します

この長尾駅の末端感。しゅき。


瓦町の拠点に戻り、夕飯は近くのケバブ屋さんでケバブ丼をテイクアウト。

クリックすると元のサイズで表示します

普段なら物足りないですが、昼食が遅かったからこれ位で十分。
今回の歩き遍路も終わったので、アルコールも解禁です。

こうして、高松最後の夜が終わるのでした。
ちなみにこの日の最高気温は34.9度だったそうです。

まだ梅雨明けしていないハズなのに、真夏と変わらないよコレ。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ