2021/5/9

紀伊半島縦横断の旅(1日目)  旅行

2021年の目標

昨年、歩き遍路が終わり、久々にお遍路以外の目標をたてました。
その中に…

・熊野三山の完全制覇
・十津川村の再訪

があり、GWの一人旅で紀伊半島をまわる計画を立てました。
コロナが芳しくないため、中止も考えましたが、
10年前に十津川村でお世話になった旅館が、
この春に大手宿泊サイトから撤退したのを目の当たりにし、
行かないともしかしたら…と思い、決行しました。

…まあ、何を言っても言い訳ですけどね。
せめて、このブログを見た方がコロナが落ち着いた頃に
今回お世話になった場所に興味を持っていただけたらと思います。


さて、時間は2021年4月29日に遡ります。
この日は熊野に入る前に一息入れようと白浜に宿泊する計画。
リスクを減らすため、真っ直ぐ白浜へ向かうことに…

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線で新大阪駅まで行き、10:15発の特急くろしお号乗車。
新大阪から特急に乗車するの初めてなので、ちょっと不思議な感じ。

ということで、乗り換えのみで大阪を抜け、真っ直ぐ白浜へ…

クリックすると元のサイズで表示します

天気がすこぶる悪く、猛烈な雨が降ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

12:47 白浜駅到着

この日は白浜温泉に宿泊なので、
お昼を食べた後、白良浜に敷物でも敷いて、
まったり海を眺めて宿に入ろうと考えていましたが、すこぶる荒天!

とりあえず、海を眺められるカフェで食事でも
と考え、バスで向かった先は…

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山銘菓「かげろう」で有名な福菱さん。
本店では海を眺めながら楽しめる「かげろうカフェ」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはランチ。
ボロネーゼをテラス席で
屋根に激しい雨が叩きつける音を楽しみながら頂きます。

クリックすると元のサイズで表示します

つづいて、カフェ名物の生かげろうを頂くことに…
かげろうの外サク、中フワ食感が、クリーム等に合って美味しかったです。

…晴れていれば優雅なランチタイムだったのでしょうが…
ま、天気だけは仕方ないですね。

ということで、白良浜でまったりする時間がぽっかり空いてしまったため、
ホテルのチェックインまで少し時間を潰す必要が出てきました。

向かった先はバスの終点、三段壁。
地上から30m下にできた洞窟まで降りることができ、
洞窟から岩場に打ち寄せる波を楽しむことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大迫力!

白良浜の海岸を楽しめなかった海分を堪能できました。

ところが、三段壁を出て、バス停の方に歩こうと折り畳み傘を開いた瞬間。

バキッ!

断崖に打ち寄せる強烈な海風に耐え切れず、
傘が一瞬でひっくり返り、折れてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、持ち手の部分だけでなく、傘の屋台骨の部分もズタズタ。
仕方ない、傘を新しく買うか…
と、土産物店のある通りに差し掛かりますが、

店は全く開いてない。

…あっ、これは詰んだかも…

とりあえず、バス停に急ぎます。
…が、

屋根のあるバス停じゃなかった!

少し離れた場所にある営業していない土産物店の軒下に避難。
でも、この場所。バス停から数十m離れているため、
バス来たのに気づいても間に合わないかも?

大ピンチ!

と、そこに救世主が…
後から来たカップルがバス停待ちしてくれました。
これなら確実にバスは停車するので、間に合います。

そして、ホテル前のバス停で下車。
バスから降りたら猛ダッシュでホテルに駆け込みました。

この日のお宿は「三楽荘」さん。
部屋から白良浜が良く見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂が広く、安心して大浴場を利用できます。
ぽかぽか温まってひと眠りすると、
雨はすっかり上がっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

いい夕日ですね。

今回、できるだけお宿で夕飯プランがある場合は
それを選択するようにしました。
この日の三楽荘さんも二食付き。
お遍路さんの時は結構、ビジホを駆使していたので、
宿で食べる夕飯って久々な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


宿飯、たまにはいいな〜

ってことで、1日目は終わりました。
0
タグ: 白浜 大雨 傘がない




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ