2015/8/6  17:15

ゆりかえし  

先日、ある知人と会う機会があり、
話の中で愛猫が永眠したという話をしました。

たぶん、
彼女は私を慰めてくれようとしたのだとは思うんです。
漫画を描いているという事も知っているので、
それに絡めた発言だったとは思うんです。
思うんですけど…


「でも、ほら、猫漫画のネタができたじゃない」


それを聞いて、私は言葉を失いました。


確かに漫画家は身近な体験をネタにして描くことが多いです。
コミックエッセイというジャンルもあるし。
もしかして私も機会があったら、
猫の膀胱ガン闘病について描くことが今後あるかもしれない。

だけど… 今は…

猫が死んで「ネタができた」なんて思うわけない!
私の猫は漫画のネタになるために死んだんじゃない!
もっともっと、もっと長生きして欲しかった!
なんのハプニングも起きない、なんのネタにもならない、
猫との平穏な日々がもっと続いて欲しかった!

愛猫の死を軽んじられたような気がして、
すごく悲しい気持ちになってしまいました。

その言葉を言われた夜、
「揺り戻し」というか「揺り返し」というか、
猫が亡くなった直後の気持ちに戻ってしまって、
しばらく涙がとまりませんでした。
今もちょっと影響してます。


「ペットロスは、あとからじわじわ来る」と言われてますが、
もしかしたらこれがそうなのかなと。
だとしたら辛いなぁ…。


******************

若林の単独イベントが9月中旬にあるようだけど、
ネガティブが含まれそうなライブなので、
今回もパスします。
今年はお笑いイベントに行くのは無理っぽい。


6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ