2015/8/30  13:35

ド修羅場中のANN  テレビの中の人

もうド修羅場に突入しているので、簡単番組感想〜。
ANNのみ。

■ANN
今回はイジリー岡田を迎えてのSW。
その芸風からエッチな話に向かっていくのかと思ったら、
予想外の”良い話”でビックリ。
そしてそれが素晴らしく面白かった!
ド修羅場中ではあるけれど、私も記録として残したいので、
そのお話を記しておきます。

伝説の番組「ギルガメッシュナイト」で、
岡田が一時期消えていた時期があったそうだ。
後で知ったところによると、それは今は亡き飯島愛の
何気ない言葉だったそう。

そのころボキャブラ天国に出ている芸人さんたちが大人気で、
飯島愛が「今はボキャブラ芸人が人気だよね。二人組がいいよね」と
何気なくプロデューサーに言ったことがきっかけで、
イジリーは自ら築き上げた大人気コーナーを
下ろされることになったそうだ。
ギルガメッシュ時代の飯島愛は、その番組では看板AV女優で、
それなりの影響力をもっていたらしい。
そもそもイジリーも元々は萩本欽一にあこがれる芸風で、
下ネタは苦手だったので(!)
これをキッカケに普通の芸風に戻ろうと、素直に番組を去った。

ちなみに「イジリー」の意味もHな意味ではなく、
客イジリが上手いということが由来だそう。

そして八ヵ月後…
イジリーは番組プロデューサーに呼び出される。
「番組に戻ってきてくれないか」と。
イジリーが出なくなってから、
ジリジリと視聴率が下がっていったそうだ。
クビにしておきながら戻ってきて欲しいとは、
どういうことだろうと思ったら、
ここもまた飯島愛が関わっていたとのこと。
イジリーを番組に戻す為に、飯島愛が番組のエライ人に頭を下げたり、
料亭で説得してくれたと。

復帰する意志を固め、
久々にテレビ東京の番組プロデューサーの席に行くと、
たくさんのハガキの束を渡された。
(何千枚もあったらしい)
それはプレゼント応募のハガキだったのだが、
その番組感想欄を読んでみると、
その全てに「イジリー、帰ってきて!」と書いてあった。
それを読んでイジリーは泣いてしまった。

本当にやりたい芸ではなくても、
一生懸命やっているとそれが武器になり、
みんなに求められるのだ。

いや〜、いい話だ〜。
いつもグダグダになるSWが、こんなに素晴らしい回になるとは!
オードリーふたりの「へー!」が効果音のように流れてました

この話を知って「美人妻いただきます」を見ると、
いろいろ感慨ひとしおなんだろうな〜。
一応、お金を出せば見られる環境なんだけど…
チャンネルがチャンネルだけに二の足を踏んでます
番組単体でネット配信してくれないかなぁ。

「しくじり先生」からイジリーにオファーが来ているそうなので、
ぜひ実現して欲しいな〜。
絶対話題になると思う!


というわけで、〆切までしばし潜ります。

あ〜、横浜戦ねぇ…
あんだけやられたらぐうの音もでませんよ。
俊輔すごい。
そんだけ。


10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ