2020/7/11  0:24

令和にAKIRA  雑記

今回の原稿は珍しく〆切の5日前にあげました。

原稿を編集さんに送ったあと、
特に何も連絡もなかったので行きたかった映画を観に行きました。

それは映画版AKIRAです!

もちろん1988年の公開当時に何度も観に行ったし、
VHSビデオだって持っててもう何回も見返しているけど、
やっぱり映画館のあの音響で観たいじゃん?ってことです
ちょうど近くの映画館で上映していたのもラッキーでしたよ。

特に割引の日でもない日に行ったんだけど、
観客は私含めて4人でした。
女は私一人かなと思っていたら、
私と同じくお一人様で来ていた女性がいました!

あああ、あなたもそういう世代ですね…
つか、観客はみんな同じような年頃でしたよ。

ドーン カッ! から始まって
あの有名すぎる曲
「♪金田 鉄雄 甲斐 山形〜」が流れます。

その瞬間、鳥肌がサワッとたちましたよ。
本当に足の先から頭の先までサワサワッと来ました。
正直なんか泣きそうでした。・゚・・゚・。
劇場の音響の良さもあったんだろうなぁ。

台詞も大体覚えているので、あの有名すぎる台詞の
「さんをつけろよ デコ助野郎!」は
思わずマスクの中で呟いちゃいましたよ。
呟いてもお互い全然聞こえない程度に離れていたので、
私以外の3人も絶対つぶやいてたはず!

今観ても圧倒される作画に見入っていましたよ。
まさか30年以上経ってAKIRAを劇場で観られるなんてなぁ。

まあそれをいったら、
ナウシカだって同じく今現在劇場で観られるし、
地上波では未来少年コナンもやってるし!
今がとても令和だとは思えない…。

せっかくだからナウシカも観に行こうかなぁ。
「腐ってやがる  早すぎたんだ」もマスクの中で呟きたい。

映画を見終わってしばらく浮き浮きした日を過ごしていたんだけど、
校了が終わっただろう編集さんからお電話あり。

なんと、原稿の仕上がりサイズが間違っていたと!
うそーーーー!

どうもクリップスタジオのデフォルトの内枠と
その雑誌の仕上がり内枠に誤差があったとのこと…
今回は編集さん(とデザイナーさん)がなんとかしてくれたそうです。
も、申し訳ないです…
いつものように〆切ギリギリだったら、大変だっただろうな…
今回はちゃんと〆切守ってて良かった!

次回はちゃんと誤差を修正して
その雑誌用のテンプレートを作ります…。

東京だけでなく、
あちこちの都市部でコロナ感染者が増加してますね。
次の日曜からJリーグは観客をいれる予定だけど、
もしかしたらまた変更あるかもなぁ。

早く映画もサッカーもマスクなしで観たいものですよ。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ