2021/5/21  0:21

ベルセルクの三浦健太郎先生  雑記

今日の昼頃、TwitterのTLに
「三浦先生」「ベルセルク」という単語が並んでいて、
「あ!もしかして最新刊の発売日が決まったのかな?」と思って
TLを遡っていたら…

まさか三浦先生のご訃報にふれるとは思いませんでした。

何年か前にベルセルクについて書いたような気もするんだけど、
こちらでも改めて書き記しておきます。



私がベルセルクを知ったのはアニメ1期(1997年〜)からでした。
原作は1989年から続いてたんですね。

キャラデザや作画がとっても素晴らしくて、
特に幼いキャスカが貴族に買われそうになる回は本当に神作画で、
これは原作も読まなければ!と思ったんですよね。

アニメはスタリッシュな線だったけど、
原作はかなり重厚な線でそのギャップに驚いたけど、
お話の面白さに夢中になって読みました。

アニメ1期は1997年10月8日から1998年4月1日までの放送で、
この頃は私が一番”サッカー日本代表”を追いかけていた時期でした。
もちろん、岡野選手の応援です!

海外遠征するときは絶対録画を忘れないように
慎重に予約してから出かけたものです。

そこからもう20年以上追いかけていた作品でした。

妖精島に着いてガッツやキャスカがどうなるのか、
魔術師と少年と少女が加わったバーキラカの一団がどうなるのか、
そしてファルコニアの人々は…
予想もつかない壮大な物語をどうたたむのか本当に楽しみで、
何年でも待っていられる作品でした。

それがまさかこんな形で未完になるとは…

ご逝去のニュースを知ってから、
本当に半日ほど呆然としてました。

今日(もう昨日か)は編集さんから業務連絡があったのですが、
挨拶もそこそこに「三浦先生が…」という話になり、
お互い出る言葉は「どうして」「なんで」とため息ばかりでした。

単行本派なので、今お話がどこまで進んでいるかわかりません。
40巻で終わりなのかそれとも41巻はでるのか…

どちらにしても、ベルセルクは未完のまま終わりです。

本当に本当に残念です。


三浦先生のご冥福をお祈りいたします。

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ