2011/8/8  0:27

芸人交換日記千秋楽感想  音楽やライブ

浦和レッズサポの知人が、
どうしても抜けられないお仕事が入ってしまったということで、
急遽チケットを譲っていただきました。
なんと千秋楽のチケットを…!
こんなプレミアムなチケットを… 
声を掛けてもらえて本当に嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

ということで急遽千秋楽を観に行ってきました!

今回はかなりネタバレも入ります。
また長文なので折りたたみます。





初日との違い。
・セリフや状況説明が修正されていた
よりわかりやすく丁寧に修正されてました。
(例えば、BB福田の人となりや笑軍天下一大会の説明など)

・動きにメリハリがついた
特に若林。
初日はやはり多少硬かった動きが千秋楽ではとても自然でした。
圭くんのセリフのシーンでも細かなリアクションをとったり、
自分のセリフの時も大きなアクションで会場を笑わせてましたよ。

例えば、「笑軍天下一」で勝ち抜いていって2人の気分が
盛り上がっている時。
若林はラッパーのマイクパフォーマンスのような動きで
軽快なステップを踏みながらセリフをしゃべっていました。
(雰囲気としては「いいとも増刊号」でつよぽんと不思議なダンスを踊って
いた時のかんじです)
また圭くんがそれを受けて、若林と同じ動きでリアクション返し!
あれはアドリブなんだろうか?
この三日間・5公演で、2人の間に演技だけでない
”相方としての阿吽の呼吸”というものができたんだろうなと感じました。

そしてちょっと生々しかった甲本と久美のセ○クスシーンが、
久美の「オウ、イエス!」で爆笑シーンに。
伊勢さんが弾けた〜

なんといっても2人の「天国漫才」の呼吸が格段に良くなってました!
ツッコミ方とか2人の距離感とか、ここ一ヶ月で合わせてものとは
思えないほどです。
公園でのネタあわせシーンでは、初日以上の
わちゃわちゃシーンが見られましたよ!
初日ではただ顔や体を寄せ合うわちゃわちゃだったけど、
千秋楽ではそれに加えてツッコミ・ツッコミ返し・
スカシツッコミなど、ちょっとしたミニコントになってましたよ。


そして涙の独白シーン。
本業:役者の2人はさすがです。

甲本は芸人を諦める悔しさと、相方に対する気持ちを声の限りに叫びます。
どんなに漫才を、相方を愛していたかを。

甲本の娘は、涙をこらえながら声を震わせながら独白します。
父がどんなに相方を想っていたのかを。
しかし夢を諦めなければいけなかった父の無念さを。

そして田中の独白…。
最初はブチ切れて観客を驚かせます。
元相方へ冷たい言葉を投げつけます。
しかし…
本当はずっとコンビを組んでいたかった事・甲本のお陰で
今の自分がいる事・そして売れてしまったことの怖さを
告白し始めます。

ぽたっぽたっと床に零れ落ちる大粒の涙。
「オマエと漫才したいよ…」
嗚咽する田中。

若林は、初日と同じように涙を流していました。
きっと他の3公演もちゃんと泣いたんだろうね。
これは本当にすごいことだと思います。
本業が役者でない若林がここまで出来るなんて!

売れてしまった恐怖、今の位置や地位をキープし続けないと
いけないシンドさを今の若林が言うのは…
リアリティがありすぎます。
長い間売れなくて、そしていきなり爆発的に売れて、
今も毎日のようにTVに出ているオードリー。
イエハーとエピソードがいろいろ重なるオードリーの若林だからこその
このリアリティ。
田中役を若林以上のリアリティをもって演じられる芸人は
そうそういないと思う。


引き離されたコンビは「天国」漫才で再会します。
ぴかぴかの笑顔で38マイクに向かいます。
この東京公演の最後の最後、千秋楽の漫才です!
初日と同じく、鼻すすりがBGMとなっていた会場に笑いが起きて、
見事な間のあとのオチで全てが終了しました。

全てが終わった後の挨拶。
カーテンコール3回目で観客席がオールスタンディングです。
ここまでは初日と同じ。
でも千秋楽は全部で5回、挨拶に出てきてくれました。
若林と圭くんは交互に観客席の左右を手で指して、
丁寧に挨拶してくれましたよ。
その仕草がすごくコミカルでかわいらしくて、
すっかりオードリーの若林に戻っていました。


2度目だから泣かないかなと思ったんだけど、
やっぱり泣いちゃいましたよ。
あ〜いい舞台だったなぁ。

そうそう!
くじらとジョーも来てましたよ!
すぐ近くの席に座ってました
終わるまで気付かなかったよ。
せっかくなので挨拶&握手をしてもらいました!

そしてついでに質問。
「(観た感想は)どうでしたか?」

応えてくれたのはくじら。
「え〜? 良かったですよ」

ちょっと困ったような照れたような感じで答えてくれました。
ジョーは目が赤かったような気がします。
まぶたもなんとなく腫れている様な感じ。
絶対泣いてる!
間違いないでしょう。

家に帰ってネット巡回していたら、会場にカンニング竹山が
来ていたとの事。
竹山は芝居にも名前が出てきたし、本当に相方を亡くしているし…。
誰よりも複雑な気持ちで観ていただろうと思います。

でもって春日も来てたの!?
それは全然わからなかった…。
来週のANNでいろいろ話してくれるかな。

いやしかし千秋楽は雨男・若林の本領発揮な日でしたよ。
新大久保駅に降り立ったらゲリラ豪雨。
帰りは電車が落雷の影響で止まってて立ち往生。
別ルートで大回りしての帰宅となりました。
いや〜、別の意味でもすごいです、若林。

DVDは会場で予約してきました!
ここで予約すると特製ファイルがつくんだもん!
11月が楽しみです。

東京千秋楽でこんななんですから、
大阪千秋楽はどれだけすごくなるんだろう。
行ける人はどうぞ楽しみにしてください!
きっと素晴らしい舞台になるでしょう。

ああ面白かった!
若林、圭くん、伊勢さん、お疲れ様でした!


***************

追記
8月15日の日記「芸人交換日記舞台裏@ANN」に
舞台のことで思い出した事を書いてます。
そちらも合わせてご覧下さい。
42



2011/8/9  0:50

投稿者:やぎちゅー

さくらさま

DVDはAMAZONで予約ランキングで上位にいるとか!
すごいですねぇ〜!
今から本当に楽しみです。
AMAZONでもなにか特典つくといいですよね。
つか、TSUTAYAは劇中にも名前が出てくるからなにかつけて欲しいですよねぇ。
これから情報が出たらいいんですけど。

2011/8/9  0:46

投稿者:やぎちゅー

ゆっちいさま

またぜひいらしてくださいね!

2011/8/8  20:36

投稿者:さくら

若林くんと本当に重なる所が多いんですね、急に売れてしまった怖さとか人気をキープする不安とか...。私もなんだか怖くなってきました。若林くんはきっとずっとそれと戦ってきたんでしょうね。
売れてない時も売れっ子になってからも、その人にしか分からない苦悩やストレスやしんどさなど...。
何だか切なくなってきちゃいました。
若林くんには本当に幸せになって貰いたいです!!!
あー、私も舞台みたかったなぁーーー
それからDVD予約しましたよ! クリアファイル付いてたら嬉しいんだけどなぁ

2011/8/8  19:31

投稿者:ゆっちい




教えていただき
ありがとうございます!ハートTдT

自分の周りに
若林ファンがいないので
ちょくちょく来させて
いただきますねv▽vドキドキ



2011/8/8  19:06

投稿者:やぎちゅー

ゆっちいさま

はじめまして!
ご訪問ありがとうございます!

主題歌は
フジファブリックの「若者のすべて」です。
効果的に使われてましたよねぇ〜。
曲も詩もすごく舞台に合ってましたよね。

2011/8/8  19:02

投稿者:やぎちゅー

keiさま

私も大阪に行きたくなっちゃいました…。
何度も見たくなる舞台ですよね。
まだ「若者のすべて」が頭をまわってます(;´Д`)
早く春日の感想を聞きたいですよね!
次回のANNが楽しみすぎます。

2011/8/8  17:08

投稿者:ゆっちい




はじめましてなると
わたしも千秋楽、
見に行きました!ハート
主題歌って
なんだったんですか?




2011/8/8  12:56

投稿者:kei

やぎちゅ〜さん
千秋楽レポ、ありがとうございました!
初日をみた感じだと、まだまだよくなって行きそうでしたからね〜。若林独白のシーンは、1Fなのに双眼鏡ガン見してました。
ほんと、春日はどう思って見たいんだろう。若林本人と重なることが多くて、リアリティがありすぎて、途中ちょっと苦しかったです。
あーでも、大阪行きたい。くー・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ