旧ネーム (まさじぃ)です!
何もしない都市は優遇され、頑張っている地方都市は切り落とされる・・政府の施策  新型コロナウイルス

政府は、2021年1月14日に、かねて広島県から要請の有った

広島市の緊急事態宣言の対象区域に準ずる支援を行う地域

として、前向きに検討するという西村経済再生相の談話を

撤回し、当面見送る方針を決めた。

広島市内の感染状況が改善している事が原因としている。


広島県、広島市から見れば、改善しているという結果だけを

見れば好ましい事には間違いないが、これは一朝一夕に

出来上がったものでは無い。

昨年暮れからの、広島県の新型コロナウイルス対策について

振り返ってみよう。


2020年11月25日、政府が主導したGOTOトラベル事業について

知事らの要請に基づき大阪市、札幌市の除外が決定し

12月13日には、東京都、名古屋市も除外が決定した。

つづく12月14日には、全国の知事会からの要請に対して

GOTOトラベル事業の全国一律による、一斉停止の決断を

政府は強いられているが、この期間については12月14日に

決定しながら、停止の期間は12月28日から翌年の1月11日という

悠長な期日設定となっている。


この間、広島県としては、政府の要請としてGOTOトラベル除外が

出ていないに関わらず、政府を動かして、赤羽国土交通相から

12月16日からの広島市を目的とした旅行の除外を引き出した。

※GOTOトラベル除外指定されていない都府県市で日本初!


広島県内の施策に目を向けてみると、次々と施策の実行を

行っている事が判る。

2020年11月30日には、新型コロナウイルスの全国的な第三派の

拡大状況に基づき、それまでの警戒基準値1を2に引き上げた。

続いて12月10日には、広島市内で一個所だったPCR検査センター

を二個所に増設し、医療・老健従事者や飲食店従事者及び家族等

の無料検査を開始した。(現在では広島県で6か所)

12月12日には、「新型コロナ感染拡大防止集中対策期間」の設定を

表明し、12月17日にその詳細を表明し、対策を開始した。

その内容は、広島市中心街の飲食店に対して時短の要請で

酒類の提供は夕方7時、閉店を夕方8時とし、支援金を開始した。

※全国的に時短制限が緩い中、閉店8時規制は期間的に日本初!

12月29日には、すでに新型コロナの感染拡大が長期化するのを

見越し、当初1月3日までとしていた、時短要請を2021年1月17日

まで延長した。


年末から年始にかけて、次々と日本の大都市が感染拡大を防げ

ないまま、緊急事態宣言の再発令をせざるを得なくなったが

ここでも、広島県は緊急事態宣言が出ていないに関わらず

広島市の緊急事態宣言に準じる地域との検討を引き出した。

緊急事態が宣言されていない県・市としては日本初!


結局、感染の拡大が抑えられている事で、準緊急事態宣言は

当面取り下げられたが、感染の拡大が抑えられている実態は

広島県の施策が日本の各地に、先駆けて行われているという

証拠ではなかろうか?

東京都のように、何も率先して施策を実行せず、都知事の

思い付きだけの施策に振り回され、都の職員の大多数が

疲れ切ってしまい、やめていっているという実態に触れる

につき、行政の重要性を改めて認識するばかりだ。


しかし、政府の政策も今のままでは、何もしない都市は

優遇されて、予算も配布されるが、本当に頑張っている

地方都市は切り落とされる!
というように感じるのは

私だけであろうか??
4

新型コロナウイルスワクチン接種体制について・・  新型コロナウイルス

厚生労働省から昨年の12月18日に公開された

「新型コロナウイルスワクチン接種体制の確保について」

という、マニュアルが有る。

↓厚生労働省公開資料

『新型コロナウイルスワクチン接種体制の確保について』


これは、新型コロナウイルスワクチンについての

今後の海外からの購入→国内での保管→流通→接種の体制等が

事細かくマニュアル化されている書類となる。


そのマニュアルに基づいた国内での動きが

今朝、2021年1月16日の中国新聞朝刊の3面の左下に

申し訳ないくらい、小さく書かれていた。

それは「ワクチン起点施設指定へ」という記事。


その記事によると、現在日本で一番早く確保できるワクチンは

米製薬会社「ファイザー製」のものとされているが

このワクチンは保管温度が零下70℃以下が必要で、何処でも

取得して保管できるものでは無いという事は、すでに報道で

知られている所である。

そこで、厚生労働省は1月15日、都道府県向けの説明会を開き

詳細を説明した。

政府は、超冷温冷凍庫1万台を購入し、あらかじめ自治体で

確保された、全国1万か所の大型医療機関や体育館の一時利用

等の施設に、その超冷温冷蔵庫を設置してワクチンを保管する。

その起点施設から配分に応じて接種を始め、ほぼ6月末には

大人数の接種に対応できる基本型施設に配備していくとの事。


では、それがいつの事になるのかと言えば、冒頭の

「接種体制の確保について」のマニュアルに詳しく書かれて

いる。

概ね、今年の1月中旬まで、各自治体が起点施設を定めて

政府が購入する超冷蔵冷蔵庫の準備

また、その起点施設から、各病院への配布・予約数量の

打合せが行われている所。

広島県でも実際に起点施設の決定、配布の打合せ等が

行われている。


2月中旬以降、冷蔵庫の準備が出来た起点施設から順次

ワクチンの搬送・保管が始まり、まず緊急医療従事者

約1万人に対して接種が始まる。

続けて、3月中旬に一般医療従事者300万人程度に対して

接種が始まる。


次に、それまでに接種券の郵送・応募によって決定した

高齢者に対して、3月下旬に3000万〜4000万に対して接種。


同じく接種券の郵送・応募で決定した基礎疾患のある人

(この人数は高齢者と重複する場合が有るので確定は非)

が、5月上旬から基礎疾患を優先しながら、一般の接種も

行っていく。



上記のように、日本の新型コロナウイルス対策は現実的に

着実に進行している状態だ。

ラジオ・テレビ・新聞等のメディアでは、先を見通す事無く

いたずらに不安を煽り、まるでお先真っ暗、二年〜三年と

このような状態が続くと思わせる報道が目立つように思う。


もちろん、関東の方では、全国に流されるテレビ報道と

知りながら、「夜の会食はいけないけど、昼の会食は

良いんでしょ?」とか「若者は症状が軽いので予防はしない。

もし、かかっても人にうつすという事は考えない!」

という、あほぉ丸出しの人も弱冠いらっしゃるが・・


テレビに映る若者たちのように無防備でも困ったものだが

新型コロナを恐れることなく、自分に出来る事は精一杯

やり、行政と日本の医療の底力を信じてはどうだろうか?
3

PCR検査から ワクチンに・・  ひろしま

広島県の湯崎知事は、1月18日から来月の2月7日までの間

すでに実施している広島中心街での酒類を提供する居酒屋の

時間短縮営業を広島市全域に拡げると公表した。


また以前、医療従事者、老健施設従事者、飲食従業員等に

限った、PCR検査無料実施を、広島市のうち東区、南区、中区、

西区の住民に限り、無料のPCR検査を行う計画を発表した。

全員が検査を受けた場合は80万人になるという事だ。


このような計画が次々と実施できるのも、広島県内で

PCR検査が幅広く出来る環境になった結果と言えるだろう。

安佐南区の安田女子大では、医療機関ではない大学として

中四国初のPCR検査センターを学内に設け、学生たちの

検査を実施している。


西区の100人を超える従業員を擁する、某病院では

民間医療とPCR検査を実施する傍ら、自社の従業員にも

PCR検査を実施し、全員が陰性になったという実績を作った。

今からは、ワクチンの接種に向けて、ハイザー製のワクチンを

保管管理する、親病院に対して予約数量等の打合せに

入っているらしい。


冒頭の湯崎県知事が、広島市四区のPCR検査全員実施に

踏み切れたのも、医療・老健・飲食の検査に目途が付いた結果

次の段階に進んだと考えられる。

その内、四区だけでなく、広島市全域に拡がり、県内にも

無料検査の枠が拡がって来るのではなかろうか。

そして、その先にはワクチンの接種となり

永らく我慢を重ねた一年間だったが

少しづつ、明るい光も見え始めたようだ。
3

カバは魚を食べない・・  

クリックすると元のサイズで表示します

カバの金魚すくい遊び!


頭の後ろにレバーが付いていてそこを押さえると

ワニの口が開いて金魚すくいに模したネットに載せた魚を

食べるようになっている、幼児のおもちゃだ。


以前、子供達の遊びにと買ってやったものだが

先日、五歳と三歳の孫達が言い争っていた。

どうしたのかと、そばによって見ると

五歳の子が

「じいちゃん!これはカバ?それともワニ?」

と聞く。

『おやおや、これがワニに見える?カバだよ』

と、答えると・・

「嘘だい! カバは魚は食べないよ! ワニだったら判るけど」

と、返事が帰って来た。

『魚は食べないけど、形はカバだよ・・』

と、苦し紛れの返事をするしかなかった((笑い


確かに、カバは草食動物で、夜陸に上がってきて

草を多量に食べる。

昼間水の中にいるのは、肉食動物から身を守る為と

体表面が非常に水分を失いやすい体質を持っている為。

水中の魚は食べやすい環境にはあるが、決して食べない。


どこでそんな知識を得てきたのか? 頼もしく感じると共に

大人の感性で、ただ可愛いからといって安易なおもちゃの製作や

購入をしてはいけないなと、子供の感性に感心する。


しかし、ウインクしたカバの顔は可愛いなぁ〜((笑い
1

擁壁への衝突跡・・太田川橋  安佐北区

クリックすると元のサイズで表示します

可部街道と呼ばれる、国道54号線の旧太田川橋(下り線)の

可部南から八木方面に渡る橋の東端

可部南側の、橋の始まりと側道の交点の部分で

本日、コンクリート擁壁とバリケードがひん曲がっている

現場を見た。

恐らく、雪が積もった朝に、かなり大型の車が

手前のカーブを曲がり切れず、スリップして

コンクリート擁壁に激突したものと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します

コンクリート擁壁を突き破って下の河川敷に転落しなかったのが

せめてもの幸いだ。

雪道はくれぐれも、慎重に運転しましょう!!

クリックすると元のサイズで表示します
1

優しい奥様と シジュウカラの挨拶・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の優しい奥様は、昨年の末から続けてきた

小鳥たちへのミカンの給餌を、今日もまたやっていた。

おかげでメジロ達が、今日も即座に集ってきてくれた。


朝食の時、家内がそのメジロを眺めながら、ふと言った。

「お父さん、今年は良かったね! 腐りかけたみかんを

食べずに済んで!!」

『はぁ? 毎年そういう役目を仰せつかっていたのか??』

『残飯処理対策員として・・どうりで、昨晩も家内が出してきてくれた

ミカンが一つテーブルに残っていた! やおやおのミカンが・・』

『それが、今日のメジロの餌に?』((苦笑

まあ、言うまい・・


上の畑では、いつもみかんを食べに来てくれるジョウビタキが

畑を先導してくれる。

今朝はシジュウカラらしき10数羽の団体が、顔の前50cm位の位置

まで、代わる代わる挨拶をしに来てくれる。

サルスベリの木に止まって「お早う!」と・・


しかし、腐りかけたみかんは提供するけど

この果樹園に成った果物は食べないでね。

メジロ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジョウビタキ
クリックすると元のサイズで表示します

シジュウカラ
クリックすると元のサイズで表示します
1

イルカ飛び続け・・幾年始・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します


イルカ飛ぶ


   三人鏡


     幾年始


〜まだ、一番下の娘が小学生の頃

朝、競うように三人が同時に洗面台の三面鏡を使っていた。

鏡の一番下で、娘が歯みがきをし

真ん中で、背の低い家内が化粧をして

そして、鏡の一番上で私が髪をとかす


やがて、娘の背丈が家内を追い越す頃になると

鏡の下側は使わなくなったので

イルカがくっついた。

そして、そのイルカはいつの間にか鏡の上側に

家内には邪魔にならないが、私の顔の真正面を塞ぐ

どうせ、男は化粧をしませんからね((苦笑


そうして、代々鏡の前で飛び続けているイルカだが

今朝よく見てみると、少し結露でくろずみが出ているようだ。

幾年、鏡の前にくっつき続け、新年を迎えているんだっけ・・

30年は経つかなぁ〜〜
1

雪道に・・孫を背負いて・・  孫達の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

  雪道に


    孫を背負いて


      重きに泣く



〜週に一度、孫のお迎えをしている

雪の降った或る日


五歳の孫の一人がおんぶしてくれという

いつもの通り、中途半端に膝を曲げて

背中を向けてやると、元気よく飛び乗って来た

立ち上がろうと足を踏ん張ると

一瞬立ち上がれないのではないかと思うほどの

重量感が背中を覆う


大きくなったんだなあ〜 と成長に感激して 泣き・・

もしかして自分の足腰が弱くなったのではないかと

不安に駆られて 泣く・・ 
2

50数歳先輩の意地・・毛糸編み  生活

クリックすると元のサイズで表示します

先日7歳の女の子が来て、毛糸のマフラーを手作りしたと

ばあちゃんに見せびらかしていた。

ばあちゃんは「負けたー!」と、悔しがる。

50数歳以上も年下の女の子に、先を越されてしまった。

と・・

最近、忙しくて押入れの中に仕舞い込んでいた

毛糸編みセットが、出ているなと思ったら

こんなものが出来ていた。

ポンタの時計入れカバーと

長女の小学校の修学旅行記念の萩焼メガネ入れカバー。


そして、一番の大作が下の写真

背の低い家内が食卓テーブルの下に置いている

足置き台のカバーらしい。

しかし、50数歳の先輩の意地が

足置き台かバーらしい((笑い

必要とするものが随分違ってるね。

クリックすると元のサイズで表示します
1

一面銀世界の交通混乱・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

新年1月8日の朝、玄関を出ると白銀の世界だった。

車のエンジンを掛けると、外気温は-4℃の表示

JR駅までの僅かな道のりだけど

近年、ここまで表示が下がったのは記憶がない。

クリックすると元のサイズで表示します

平地の道路は、いかにも凍結しているのがよく判る。

近所の中学生、小学生が転びながら道を歩いている。

それでも、友達と雪遊びをしながら楽しそうに通学する姿は

微笑ましく、たくましい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、駅についてからが大変だ。

駅の電光表示板は、調整中という表示となっていて

時刻が表示されていない。

それもその筈、先行したJR可部線の列車は途中の梅林駅で

止まってしまって、折り返し運転をしていたらしい。

可哀想に、可部方面の人達は、梅林駅から歩く羽目に・・

自分が乗った電車も、本来は広島駅から安芸亀山駅まで走る所を

可部駅止まりで、運行していた。

しかも、一駅で10分くらい止まりながら

超鈍行列車となってしまったが、何とか目的の駅までは

たどり着いた。

不幸中の幸いとは、こう言うことを言うのだろう。

1




AutoPage最新お知らせ