旧ネーム (まさじぃ)です!

2020/2/20

たわいのない検証・・イノシシの嫌う農作物  遊休地

玉ねぎ
クリックすると元のサイズで表示します

イノシシが掘り廻して食べる、植物における好物は

一般的に下記のように語られている。


ヤブラン、クズ、ヤマイモ、ユリ類、アシタバ、アザミ

ススキ等で地下部分の根を好んで食べる。

タケノコが生える時期では、人間よりも一ヶ月以上早く

まだ土の中で育っている最中のタケノコを得意な臭覚で探り当て

掘り出して食べてしまう。

植物に元気のない頃は樫やシイなどのドングリを主食とする。


山本遊休地の近くには、農業用水池の浄円寺池が有り

その周囲には、野生でクズが多く群生している。

また、同時に大きな竹林が有り、タケノコも群生する

その竹林に負けじと、古くからドングリの木が無数に実を落とす。

イノシシの格好の餌場となり、奴らはこの地を離れない訳だ((苦笑

百姓さんが作られる農作物では、サツマイモ、ジャガイモ等の

根菜類を好んで食べる。


しかし、植物でもイノシシが食べない物も有る。

一般的に語られているのは

野生では、スイセン、ヒガンバナ、キツネのカミソリ等。

栽培種では、カンナ、ウコン、ミョウガ、ハナシヨウガ、ショウガ等。


なるほど、我が家の近くの竹藪の周囲に昔からの里道が有り

竹が茂って暗い場所には、ヒガンバナが球根を繁茂させ

彼岸時期には真っ赤な里道になる。

陽が当たる里道は、イノシシが時々土を掘り起こしてくれるので

さすがのヒガンバナも着根のしようがない様だ。

そんなイノシシも、不思議とそのヒガンバナの群生した

里道には入り込まないので、ヒガンバナは茂る一方のようだ。

ヒガンバナには毒性が有り、イノシシは本能で察知しているようだ。


山本遊休地の、イノシシ除けの柵がまだ未熟だったころの二年前

よくイノシシに侵入されて、サツマイモやジャガイモを食べられる

被害に遇った事が有る。

しかし、なぜか“ニンニク”を植えた畑には、何度も侵入を繰り返した

にも関わらず、奴らは一歩も足を踏み入れなかった。

今年も、不遇ながらイノシシに突破され、遊休地がグチャグチャに

掘り返されたが、わずかばかり植えていたニンニクと玉ねぎには

全く侵入の跡が無かった。

ニンニクのイノシシ隠避効果は、世間でも言われており

我が家でもすでに実験済みだが、玉ねぎは新たな統計となる。


家内は、イノシシに侵入されそうな囲いの内側に沿って

ニンニクを植えてやろうかと、密かに試案を練っている((笑い


ちなみに、隣接敷地に猛毒のエンジェルトランペットが植えて有り

春には白い長い豪華なトランペットの花を咲かせる。

何とか、イノシシに根を食べさせる事は出来ないかと

思案しているが、そういう所こそ害獣除けにしっかり柵がして

有るんだよね((苦笑


害獣の対策については、土地の所有者が囲い等の侵入防止を

図らなければならないが、こちらは仕事等の関係で

使える時間は限られるが、奴らは時間制限なしで夜通し

活動する事が出来る。

首から上の上半身の力も50^60kgは優に持ち上げる力が有る。

跳躍力も十分で、狭い所でのバランス力もサーカス並みの物を

持つ事が、暗視カメラで確認されている。

非常に欠点の無い超能力を持っていると言えよう。

こうなっては、相手の嫌う嗜好を知って

賢い農業をするしかないか((ためいき・・


にんにく
クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/2/20

たわいのない検証・・イノシシに狙われる樹木  遊休地

山本遊休地 梅その一
クリックすると元のサイズで表示します

前回の投稿で、イノシシは何か目的が有って

土を掘るのではないかという、仮説を立てたが

例えば、木の根元を掘る場合でも、イノシシの趣向が

現れるような気がする。

例えば、上の写真は遊休地内に植樹された、二本の梅の

幼木の内の一本、下の写真は、違う品種の梅の幼木

途中の土壌は全く荒らされていないのに

遠く離れた二本の梅の幼木の根元が掘られている。

山本遊休地 梅その二
クリックすると元のサイズで表示します

山本遊休地 ソメイヨシノ・枝垂れ桜
クリックすると元のサイズで表示します

そして、手前はソメイヨシノ桜の根元

このソメイヨシノ桜は、二年前に植樹してすぐの段階で

イノシシに侵入され、根元を掘り下げられて幼木が跳ね上げられ

転がっていたという悲惨な目に逢っている。

泣く泣く植樹し直したという苦い経験が有り

イノシシが入ると必ず狙われる木となっている。


向こう側の植樹は、枝垂れ性の桜ですが、周辺の土の掘り起こしは

家内が、今年野菜を作ろうとして、耕した後でイノシシの

仕業ではない。

見た所、その木も同じ桜系統だが、周辺を人力で掘り返して

いるので、イノシシの侵入も掘り返しも無い様だ。


この遊休地には、他にキウイの老木と幼木が混在している。

この遊休地を管理し始めた時、キウイの幹を切断された古根から

キウイの芽が生え始めているのに気づき、棚を作って大切に

伸ばしてみたが全部オス木だった為、メス木の幼木を二本ほど

植樹したもの。

イノシシは、なぜかその老木は狙わず、幼木の根元だけを狙う。

オス木とメス木を匂いで嗅ぎ分けているのか?

はたまた、掘ってもダメージを受けない老木は放っておいて

すぐダメージを受けやすい幼木の方を狙うのか?

後者という事になれば、植えた者への挑戦か((苦笑

この幼木も桜と同じく二回目の襲撃を受け、幹を折られてしまった。

山本遊休地 みかん
クリックすると元のサイズで表示します

ただ、こんなイノシシに侵入されると必ず狙われる木とは別に

何の被害もない幼木も有る。

上の写真は、今年少しばかり実を付けたみかんの木

同じ幼木でありながら、全く踏み入れた気配がない。

下の写真には、異品種のリンゴの幼木二本、梨の幼木二本

ゆずの幼木、そして遠方にはビワの幼木二本とイチジクの幼木が

写っているが、周辺の土は多少掘り返した跡が有るものの

木の根元の掘り返しは無い。


このように見てみると、イノシシが侵入した場合の

被害の度合いが違うのは?

単なる想定に過ぎないが、イノシシの犬の何倍も有るという

優れた嗅覚によるものか?

前にも書いたことが有るが、自然界には動物たちにとっても

毒性のある植物が多数存在する。

そこで、彼らは以前食べた事のある植物や昆虫しか

食べないという食性を、親から子へ代々引き継がれているに

違いない。


そこで、先程の幼木に話が戻るが、桜、梅、キウイは

この地域では、あちこちに植えられており、収穫や鑑賞されている。

いわゆる、イノシシにとっても見慣れた存在で、毒性のない事は

周知している為、根元を掘る行動に移す。

しかし、柑橘類やりんご、梨等はこの地域では

あまり栽培されていない為、得意な臭覚で察知し

イノシシも警戒して近寄らないのではないかとの推測がたつ。


一軒だけの検証ではなく、多くの検証が集まり農業を営む人達の

被害の減少に貢献できれば嬉しい。


今回の検証は木に関する事を挙げたが、イノシシの被害については

野菜や農作物にも趣向については、転用できる。

それは・・・・

山本遊休地 リンゴ・梨・ゆず・ビワ・イチジク
クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/2/18

たわいのない検証・・イノシシはなぜ土を掘る  遊休地

クリックすると元のサイズで表示します

遊休地の囲いの中に侵入してきたイノシシは二頭

小さい足跡と少し大きい足跡が残っている。

典型的な楕円形の二爪なので、イノシシに間違いない。

雄、雌、子供の内、石垣から降りるのをあきらめた雄を除く

母と子の二頭に違いない。

という事は、イノシシの雄の、のり面上からの遮断は

成功しているという事。


下の写真は、孫たちが遊べるようにスチロールの

おもちゃブロックで外を囲って自動車を形作り

掘りやすいように、左官砂を買ってきて

中に充填して作った 砂場

ここにも、通過点としての足跡がたくさん残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、この通過点という事が大変興味深い。

イノシシの研究者が育たない日本では、生態がなかなか

解明されていないが、「イノシシが土を掘りまわるのはなぜか?」

という事に諸説芬々有る。

土中のミミズや虫を探して食べる、いや元来じっとしている事が

出来ないので土を掘る行為が、イノシシにとって一番

落ち着ける時間だという人も。


そのうちのミミズを探すというのは違うという研究者がいる。

ミミズはイノシシの好物ではないと・・

狩猟セミナーや農林課の職員の情報としても聞いた。

それは、野生のイノシシを捕まえて来て、実験として

餌にミミズを与えても食べなかったというだけの話で

警戒して食べなかった可能性もある。

土中から出てくるミミズだと気が付かなかった可能性もある。


イノシシは、でかい図体を持ちながら、なかなか頭脳は

繊細で鋭い臭覚を持ち合わせ、過去口にしたことの無いものは

食べないという習性が有るが

原野で土を掘っていてミミズが出てくれば

貴重なたんぱく源なので食べるのではないか?

そういう小時間の実験結果が、独り歩きするのが現状だ。

クリックすると元のサイズで表示します

話はすっかりそれてしまったが、イノシシの行動を見ていると

土を掘るのは、よく幼木の根元に集中している。

また、過去からの経験により雨が降った直後に

よく土堀の跡が見受けられる。

野生動物の本能として、雨が降った直後は土が湿っていて

掘りやすいという事が判っているのだろう。


先程のイノシシの本能として土を掘るのが

「一番彼らにとって、落ち着ける時間だ」という事の検証だが

雨が降れば、土は掘りやすいという事を知っていれば

掘りやすいという点だけ考えると、制作した砂場ほど

掘りやすい所はない。

しかし、そこはただの通過点として掘った気配も見せない。

わざわざ、根が張り詰めた幼木の木の根元を掘っている。

これは、素人の想像としてイノシシが何か目的を持って

土を掘っているという証明ではないか?

虫が集まりやすい木の根元を掘って出てきた虫を捕食する。

また、人間の臭いが付着した幼木の植樹に対して攻撃されやすい

という話を聞いた事も有る。

幼木ではないが、過去に近所の梅の大木が

イノシシの根元掘りによって倒されたという事例も拝見している。


過去の研究者の意見に反論するわけではないが

このように事実だけを記録して行けば、将来何かの検証に

役立てばと思い記録を残す。

また、根元を掘る樹種や野菜にも嗜好が見られるようだ。

それは・・・

2017年11月3日撮影 二本の大梅の一本が倒された
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/2/17

嫌がらせの仕返し・・イノシシ  遊休地

クリックすると元のサイズで表示します

嫌がらせの仕返しをされてしまった((苦笑

もう一年以上、イノシシにはこの囲い内には入られていない為

ちょっと気を抜いてしまった。

ほんの初期段階で造った溶接金網の防護柵

鉄骨の杭や自然に生えた竹を支柱に利用して

ピッチが広く、溶接金網も鉄筋をくくる細い結束線で

止めただけだった。

イノシシのフルパワーで結束線を切り、中に侵入してきたらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、これについてはまだ伏線があるようだ。

以前「静かな激闘」の所で書いた、イノシシの近道昇降路。

一旦破られた金網を強固に固定し直したものの

金網の端は石垣の外に斜めに折り曲げて竹で戻らない様に

固定したつもりだった。

しかし、またまたカメラにショッキングな映像が・・

イノシシは、いつも通り、奥行20cmくらいしかない

法肩に上がり、金網をパワーで折り曲げ、竹を折って

逃走する姿が映っていた。


何とかせんといけんばい!

金網をもう一枚持ってきて、下側を小さく折り曲げ

石垣の前面にもう一枚くくり付け、足を置く場所も無くし

今度は完全に昇降を遮断してやった!!


が・・・・

頭にきたイノシシが、その仕返しに弱点を突いて来たに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します

家内がイノシシに掘られた所を指差す。

もう何回となく、イモ類を荒らされた苦い経験が頭をよぎる。

インターネットで情報を探しても、イノシシについては

まだわからない生態が多いという。

それは日本の研究体制が、イノシシの生態については

金にならないので、研究者が逃げてしまう為らしい。


しかし、少しの間だがイノシシと格闘してきて

有る兆候に気が付いた! それは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

1

2020/2/16

じじ・ばば懇談会・・  孫達の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

孫たちの父兄懇談会 →もとい、じじ・ばば懇談会。

同組の女の子とペアになって、おみせやさんごっこの店員さん役。

4歳さんだが、なかなか張り切ってやっているようだ。

たこやきやさんの店員として、注文個数を聞き

トングを器用に使いこなしてお皿に載せている。

最近、絵描きや塗り絵も好きで上達してきた。

幼児の確かな成長を感じる。


クリックすると元のサイズで表示します

別の日、急遽お迎えを頼まれる・・

ばばが、仕事で帰れないので

じじが一人で引き受けた4歳と2歳の子守り

百貨店のあもちゃ展示場で、金を掛けずに遊ばせ

二台のキャラクターカートに乗せ店内の移動。

このカート選びもキャラクターで、いろいろと好みが有り

喧嘩になる。

おとなしく、カートに乗ってくれていれば助かるが

気になった物が見つかるとすぐカートを降りて駆け出す。

今は、組立式のおもちゃやカーズ関連商品や

特に最近ゲームコーナーが気になっているようだ。

ちょっと目を離すと、ゲームコーナーに駆け込んでいる。

今は、お金を使わないで見るだけとして、言う事を聞いているが

そのうち、大きくなってくると、そうもいかなくなるだろうな。

カートの移動順路も考えなくては((笑い


百貨店での外食も、幼児用のおもちゃが付いた幼児セット

の前から離れない。

以前は、付属に付いたおもちゃが気になって

量を食べる事も無かったが、徐々に頼んだものは

完食するようになってきた。

あもちゃに気を取られず、大人がびっくりする量を

食べるようになるのは、間近か・・
1

2020/2/16

オタマジャクシの越冬・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の玄関ポーチ先に置かれた二つの水がめ

小さい方は昨年の秋に自然に孵化したメダカの赤ちゃんたちが

うようよと群生している。

もう一つの大きい方は、以前は同じくメダカが泳いでいたが

良くカエルが卵を産んで、オタマジャクシが群生するので

メダカの勢力は減退してしまったらしい。


この季節には、メダカは姿を現さなかったが

驚いたことに、昨年冬近くにカエルが産んだ

小さなオタマジャクシが姿を現した。

カエルは通常は冬以前にオタマジャクシから孵化して

カエルになり水がめから出て行ってしまうのが常だ。

以前、子供の教育の為にオタマジャクシを

飼っていたことが有ったが、一週間も経たないうちに

変態してカエルになって水槽をよじ登り出て行った。

しかし、今年は冬越しをしたオタマジャクシがいるらしい。


ウシガエルも孵化時期が長く(1~2年)冬は越冬するらしいが

小さい体からして、ウシガエルではない。

赤ガエル系統の越冬種かも知れないが

冷たい水で体の成長を遅らせ、暖かくなって

カエルに変態するのか?

自然の不思議だ・・
1

2020/2/15

スマートライフ 義理チョコ・・  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日はバレンタインデー!

家内から義理チョコを二つ手渡された。

手前の方はお父さん用と・・・

「向こうの方は??」と聞くと

向こうは私が食べる分だから

お父さんは食べちゃダメ!! と・・・


そんなのって あり??((笑い
1

2020/2/13

新型コロナウイルス感染症診療マニュアル・・  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

安佐北区の某大型ドラグストアーに

健康用品を買いに行った際

ふと見つけたマスク売場

マスクだけが在庫が無く、棚がガラガラ・・


新型肺炎の報道が気になって買い占める人がいるのか?

おりしも、今朝新聞に載っていたが

日本全国マスクの在庫量が少なくなってきて

政府の主導で、マスクの大量生産の設備投資をする企業に

奨励金を出して、大量生産を実現し、不測の事態に備えるという。


今日、日本国内で初の新型コロナウイルスの死者も報道されていた。

現在、コロナウイルスの感染者は関東でのみ報道され

広島県では、まだ報告されていない。


しかし、報道されていないが、実際には武漢市を訪れた

肺炎に似た症状の患者が広島でも診察を受けている。

その患者は保健所に相談したそうだが、コロナウイルス診療の

マニュアルが徹底されておらず、下記の第二種感染症指定病院

以外の病院に紹介した。

その病院では、はじめ断っていたが、断り切れず

防護服を着用して診察検査に臨んだという。

我が国の遠方の県の話ではなくなっている。


新型コロナウイルス感染症診療マニュアル


ちなみに、以下に該当する方で健康に不安のある方は

絶対に一般診療所に行ってはならない。


1.まず、保健所に相談し、指示を受ける。



1 発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む)を有し、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴(※)があるもの

2 37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省及び浙江省に渡航歴又は居住していたもの

3 37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省及び浙江省に渡航歴又は居住していたものと濃厚接触歴(※)があるもの


2.その後、第二種感染症指定医療機関に入院する。


広島県内の第二種感染症指定医療機関は以下の施設のみ。


・広島市立舟入市民病院

・福山市民病院

・東広島医療センター

・総合病院庄原赤十字病院

新型コロナウイルス感染症診療マニュアル


2

2020/2/12

祇園出張所・消防署の建替え・・  安佐南区

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真の、安佐南区役所の出先機関である、祇園出張所と

隣接する旧安佐南消防署が建替え移転するらしい。


祇園出張所庁舎の出入口と駐車場が変わりました


建替えと言っても、すぐに建物を壊しての建て替えではなく

下の写真のように旧祇園出張所と旧消防署の建物は残し

業務は続けたまま、出張所東側の駐車場部分に新築の建物を建設し

新築建物が完成次第、引越しして旧出張所と消防署を解体し

駐車場に改修するというプランのようだ。

それまでの駐車場は、道路を隔てた南側の大下産業の土地を

一部借りて、仮駐車場として使用する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先日、その東側駐車場に杭打設機械のような重機が搬入されていた。

出来上がりは、下の写真のようなイメージパース

役所と消防署が一階に同居するという形のようだ。

ご利用される方はお楽しみに。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/2/12

梅にウグイス・・・・・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

昨年末にお願いしたシルバーさんの剪定で

間延びしすぎてしまったという事で

ツンツルテンに切り取られてしまった玄関先の

梅の木に、花が三輪ほど開いた((笑い


蕾の数を数えても15~6輪しか咲かない様だ。

今年は我慢するしかないか・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

散歩に出掛けた、よその梅林では紅白の梅が徐々に開いている。

白梅の木にウグイス色をした小鳥が二羽たむろしていた。

メジロではなかったので、ウグイスでしょうね。


ウグイスがあの美しい声を響かせる為の練習をする時節は

例年3月の初旬から中旬・・

「梅にウグイス ホーホケキョ!」とはいかなかった。

まだ、練習前だもんね・・

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ