旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/10/12

よなのか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親が亡くなって

よなのか(四7日)です。

静かに手を合せました。



初七日のお寺で法要した際に

お寺さんからの説教で

「時々遺影の写真や遺骨まで持って来られる方が

いらっしゃるが、本尊様に対して失礼極まりない」

拝む対象が違う!

という、話を聞いた。



葬儀後、遺骨や遺影などを持ち帰り

自宅の仏壇の横に

後飾り壇を設置して49日まで

置いておくものだが

納骨までに法要が有れば

つい、持って行かなくてはいけないのかと気になるところだ。



先にこっそりお寺さんの奥さんに聞いておいて良かった((笑い

恥をかくところだった。

「遺影はただの写真だから

拝んでも仕方ない! 仏壇を拝みなさい!!」

と説教されたけれど・・

現実はどうしても写真の方を拝んでしまう・・

広島ブログ

0



2016/10/14  9:14

投稿者:いっちゃん

門徒となっているお寺さんの考え方で違うようですね。
冠婚葬祭の業者に聞いても、広島寺町のお寺は
どのお寺も一様に厳しい考え方を貫かれるようです。
喪主にまずお寺を確認して、広島寺町だったら一般のお寺とは
全く別の運営を考えなくてはいけないそうです。

市内の一等地で、お寺を運営していく為には
いろいろな苦労が有るんでしょう。

2016/10/13  12:19

投稿者:ノーテン小作人

故人を想う心
写真にしても仏壇やお墓にしても造り物
で見方によってはどれを拝んでも間違い
と言えるかもしれないが、故人を想う気
持ちが込められててればいずれを拝んで
良いのではと思っています

http://kosakuninn.soreccha.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ