旧ネーム (まさじぃ)です!

2018/1/22

グッピー・・一日前の奇跡  ペット

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の90cm水槽のグッピーの出産の為の

胎生箱が足らなくなったので

某ホームセンターで買ってきた。


右側の二つが買い足したもの

同じ大きさですが、両側に空気枕が付いているので

水位の上下に合わせて動くようになっている。

ちょっと従来の物よりスペースが小さくなるけど

絶対に水槽の中に落ち込んでしまわない工夫がして有って

納得して買った。


しかし、説明書きを読んでみて笑ってしまった。

メスのお腹の写真が載っていて

“稚魚の生まれやすいメスのお腹”と

解説してあるのはいいが

出産時、メスにストレスを与えないように

「水槽から、胎生箱に入れるのは“一日前”にしてください」

との、記述が書いてある((笑い


この解説書を書いた人は、実際には

稚魚を産ませた経験は無いのであろう・・

40年強の熱帯魚飼育経験のある私でも

クッピーやプラティー、モーリー類の出産のタイミングが

一日単位で判ることは有りえない。


メスのお腹が角ばって大きくなり

下腹部に黒と透明のまだらが出来てくれば
(赤ちゃんの目玉が透けて見えてくる事も有る)

出産は近いと言えますが、それでも何日間か

胎生箱に入れてやっと出産となる。

もう少しと、遅らせていると水槽の中に

産み落としてしまい繁殖の失敗となり

50匹生んだとしても、大きく成長できるのは

二割程度に留まる。

また、お腹が大きいだけでは、餌の食べ過ぎの可能性もあり

うんちをいっぱいすればお腹はぺちゃんこという事も有る。

出産時期のメスの体調も有るので、なかなか時期はつかみ切れない。

むろん、小さい箱に入れるとメスにストレスが掛かるので

箱に入れる日数は少ないに越した事は無いが・・

それでも、一日前と言うのは奇跡に近い。


「母親のメスにストレスが掛からないよう、出来るだけ

出産日を予測して、胎生箱に入れている日数は少なくしましょう」

と言うくらいが、問題のない記述でしょうね。


箱に解説を書いた人・・どんな人が見ているかもしれないので

慎重にも、慎重を重ねて文字を選んでくださいね。

机上の情報だけではなく、せめて経験者の話を聞くとか

しないと、笑いものになります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ