旧ネーム (まさじぃ)です!

2018/9/10

第九ひろしま・・  ミュージック

クリックすると元のサイズで表示します

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの

交響曲第9番二短調作品125は

日本では親しみを持たれ

第九(だいく)と呼ばれている。

副題としては 合唱 と呼ばれ

又、第4楽章の主題は 歓喜の歌 としても知られている。


家内が第九ひろしまの一回目の初心者パーツ練習に

行ってきたらしい。

持っていた練習用のCDをこっそり聞いてみたが

ドイツ語で歌われる歌詞は、結構本格的で難しい。

来年こそは、一緒に歌おうと誘ってきたが

音符の読めない私には、絶対無理だ((笑い

家内は、今年は口パクに徹すると言っているが・・


女性パーツは、ソプラノとアルト

男性パーツは、テノールとバスに別れるらしいが

男性のバスは、まるでお経を読んでいるみたいだ。

リズムや節回しがピッタリだ!

こりゃ 法曹界(お坊さん)の門を叩いた方が早いか((苦笑
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ