旧ネーム (まさじぃ)です!

2013/7/31

萩原麻未レクイエムコンサート 本番・・  ミュージック

クリックすると元のサイズで表示します

クラシック・レクイエムコンサートに使われた楽器は

上のリーフレットにあるように全て被爆楽器でした。

ピアノは通称“かずこのピアノ”と呼ばれるもの・・

バイオリンは通称“バルチコフのバイオリン”と呼ばれるもの・・

コンサートが始まっての2曲は静かな選曲から始まりましたね。

1曲目 バッハのG線上のアリア

2曲目 ラフマニノフのヴォカリーズ

二人ともいつも使っている楽器と違うことを念頭に入れての選曲でしょうね。

彼女達の得意な曲というよりも

まず楽器への慣れから入っている。


動き始めたのは3曲目からでしょう。

萩原麻未さんの独奏で始まった、ショパンのノクターン第2番

萩原麻未さんの、お母さんの美代さんが大好きな曲

家に帰ると必ずお母さんの為に演奏してあげるという曲

美しい曲です!


そして、圧巻は再びデュオ演奏となった

4曲目ラヴェルのツイガーヌ・・・

お二人の得意な曲目だ。

小林さんの弦が激しく刻み始める。


対岸で聞いている私の横の方で演奏の間中

しゃべり続けている幼児がお母さんに面白いことを言った

『ピアノの人なんで演奏やめちゃったの、全然弾いてないよ』

ちっちゃいけど、ちゃんと見てるんだね((笑い


3曲目が萩原さんの独奏だったから

4曲目の前半は小林さんに独奏させてるんだよ。

しかし、後半から二人の小気味いいデュオが始まる。

小林さんはこの一曲だけでずいぶん弦の糸を切ったでしょうね。

被爆ヴァイオリンって

返す時は弦の糸を切ったら修復して返さなきゃいけないのかな?

そんな事が気になる演奏でした。


しかし、テクニック的にはいつも通り素晴らしい演奏でしたが

ピアノもヴァイオリンもあれだけ音量拡大したら駄目だね。

しかも反響のないオープンな場所で

もしくは被爆楽器の能力の問題かも知れないけれど

いつもの心に響く微妙な音が響いてこない。

彼女特有のきらめきさが無いんですね。

中間音がアンプによって殺されてしまうのかな?

初めて彼女達の演奏を聞かれた方は

これが彼女たちの実力だと勘違いしないで

ちゃんとしたホールで演奏を聴いてあげてくださいね。


0



2013/8/3  16:19

投稿者:まさじぃ〜

こんにちは Daisukeさん♪

もっとたくさんの聴衆の方が、お集まりになるかと思っていましたが、意外と1000人を切ったくらいだったようです。
広島カープの試合と、ピースアーチの行事の一環で“ピースフィールド”というお祭り行事をやっていたので分散してしまったのでしょうね。
>弓の値段数千万円で、毛の総替えで数万円もするんですか?
私は音楽家はできません((笑い
>Daisukeさんも同じ頃ステージの後ろにおられたんですか・・
スタッフさんによって撮影禁止宣言がされた後も、法肩の至近距離から写真を撮っていらした方がいますが、まさかDaisukeさんでは?((笑い
私は真面目に立ち入り禁止の親水テラス側から、対岸の方に移りました。
>蚊はいなかった?
川のような流水には蚊は発生しないんです。むしろ平和の灯や広島城のお堀のようなたまり水から蚊が襲来しないかと内心は冷や冷やでしたが・・

実は演奏装置について、こんな事を書いてもいいのかな?と悩みながら・・でも嘘は書けないなと((笑い
音楽家としては全く素人なんですが、アンプの件は正解だったんですね(^o^)∨

広島の味覚を堪能されたようですね。
こちらこそ、いつかお会いできる事を願っています。

2013/8/3  12:41

投稿者:Daisuke

 まさじぃ〜様 耳がいいですね。音楽は電気を通すと情報量が大分、減ってしまいます。10あるのが5〜6ぐらいになります。本当にアコースティクの楽器はそのまま、生で聴かないと正しい音楽の判断が出来ません。
 
 はい、予定通り、僕も伺っていました。(笑) 美恵さんが"大雨女"なため、当日のお天気が実に心配でしたが、ちゃんともってくれました。
 案の定(笑)、翌日のレクイエム・コンサートは雨で中止になったそうで、音楽の神や原爆や先の大戦の犠牲者の霊が、美恵さんと麻未さんの演奏を聴きたいと、天気をもたせて下さったのだと思います。
 美恵さんはツィガーヌやスラブ系やラテン系の激しい弓使いを強いられる楽曲の時は、実によく、弓の毛を切ります。弓そのもののお値段は数千万円!ですが、毛は総替えでも数万円なので、美恵さんは躊躇なさることなく、お切りになります。(笑)
 それから、実は僕も5時前からテラスの後ろ側でウロウロしていたのですが、美恵さんのコンサートの前は僕もなぜか(笑)、緊張しているのでまさじぃ〜様のお姿を発見出来ませんでした。すれ違っているはずなんですけれどね。
 蚊は教えて頂いた通り、まったく問題ありませんでした。彼女達を照らすライトに虫が集まって来やしないかと心配だったのですが、それも問題なかったようです。
 途中、モーター・ボートの闖入がありましたが、それも屋外でのコンサートの風情の一つということで(笑)、この日の彼女達の音楽と結び付いて永く記憶に留まることでしょう。
 
 さて、広島焼きは機会が無くて頂けませんでしたが、知り合いに広島つけ麺に連れて行って頂いて、その弾力がありながら、喉ごしがとてもいい麺と辛みの中にも唐辛子の甘みを感じることが出来る風味豊かなつけ汁を堪能することが出来ました。
 今回は残念ながら、まさじぃ〜様にはお目にかかることは叶いませんでしたが、今後も美恵さんが麻未さんと組む限り、これから何度も広島には伺うことになりそうです。
 いつか、お会い出来ますように。

 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ