旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/6/15

フランス べルサイユ宮殿 だまし絵?  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

パリに到着して、その日直後の観光は

きらびやかな黄金に彩られた べルサイユ宮殿


池田理代子作の漫画や、宝塚歌劇団の舞台等で

すっかり有名になった ベルサイユのバラ

悲劇の女王 マリー・アントワネットの生涯を

実話にした物語だ。


しかし、悲劇の象徴として知られるマリー アントワネットも

国民の食べる物が無い時代に、自分で創ったものでは無いにしろ

こんな立派な建物で、贅沢三昧に暮らしていれば

国民の妬みもかって当然だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ベルサイユ宮殿に入場する前に

ひと際目立つ建物がある。

円形状の外壁に全面巨大な絵画を描いたものだが

下の写真を見て判るだろうか

凸状の外壁に遠近法を活用して、凹状の建物内部の絵が描かれている。

しかも、見ていて全く違和感を感じさせない。

よっぽど卓越した画法を習得していなければ

このような絵は描けなかっただろう。

当時の壁画の技術に感嘆せざるを得ない。

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ