旧ネーム (まさじぃ)です!

2020/2/17

嫌がらせの仕返し・・イノシシ  遊休地

クリックすると元のサイズで表示します

嫌がらせの仕返しをされてしまった((苦笑

もう一年以上、イノシシにはこの囲い内には入られていない為

ちょっと気を抜いてしまった。

ほんの初期段階で造った溶接金網の防護柵

鉄骨の杭や自然に生えた竹を支柱に利用して

ピッチが広く、溶接金網も鉄筋をくくる細い結束線で

止めただけだった。

イノシシのフルパワーで結束線を切り、中に侵入してきたらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、これについてはまだ伏線があるようだ。

以前「静かな激闘」の所で書いた、イノシシの近道昇降路。

一旦破られた金網を強固に固定し直したものの

金網の端は石垣の外に斜めに折り曲げて竹で戻らない様に

固定したつもりだった。

しかし、またまたカメラにショッキングな映像が・・

イノシシは、いつも通り、奥行20cmくらいしかない

法肩に上がり、金網をパワーで折り曲げ、竹を折って

逃走する姿が映っていた。


何とかせんといけんばい!

金網をもう一枚持ってきて、下側を小さく折り曲げ

石垣の前面にもう一枚くくり付け、足を置く場所も無くし

今度は完全に昇降を遮断してやった!!


が・・・・

頭にきたイノシシが、その仕返しに弱点を突いて来たに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します

家内がイノシシに掘られた所を指差す。

もう何回となく、イモ類を荒らされた苦い経験が頭をよぎる。

インターネットで情報を探しても、イノシシについては

まだわからない生態が多いという。

それは日本の研究体制が、イノシシの生態については

金にならないので、研究者が逃げてしまう為らしい。


しかし、少しの間だがイノシシと格闘してきて

有る兆候に気が付いた! それは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ