旧ネーム (まさじぃ)です!

2020/10/27

野の葡萄・・イオンモール広島祇園  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します

イオンモール広島祇園内の外部テナント一階食堂街の

野の葡萄さんが、新型コロナ発生以来長期で閉店していた。

食事形態がバイキング形態になっていたので

他の食堂街テナントが早期に復帰したのに比べ

半年以上閉店していたが、先月に復帰開店したらしい。


長い準備期間を掛けての再出発で、さぞ食事形態が大幅に

変わるのかと思いきや、店の外からの外観では

バイキング食べ放題の提供方針は変えなかったらしい。

以前はオープンだったバイキングテーブルの上部だけを

ガラスのような板でふさぎ、飛沫防止を図っているらしい。

しかし、横は料理を入れ替える為オープンのままだ。

特段、外食をしたいとは思っていなかったが

久しぶりに会った孫達がせがむので、食事をすることにした。


中に入ってテーブルに着き、店員さんの説明を聞くと

外見以上にシステムが変わったのに気が付いた。

まず、テーブルが他のお客さんと大きく離されている。

そして、食事中はマスクを外さないと出来ないが

料理を取りに行く時は、幼児と言えどもマスクの着用。

しかも、トングを持つ時はビニール手袋の着用と

バイキング形式は変わらないが、その方法が

新型コロナの拡散防止に向けて大きく変わっている。

以前は、制限時間は無かったが、今回は2時間までと

変わったようだ。

大人はそれぞれマスクは着用しているが、まさか食事をするのに

幼児のマスクは想定していないので、店側に聞くと大人用のマスク

なら用意できますとの事で、マスクを貰い楽しく食事をした。


そういえば、少し前にホリエモンさんが尾道で同伴がマスクを

持っていなかったので、入店を断られネット上で燃え上がり

お店が大変な事になったという事が有ったっけ。

実際は、どんなやり取りが有ったのかは知らないが、お客さんを

迎える立場のお店であれば、店側が予備のマスク位は用意して

置かなくては? と思う。

もし、お店が用意していても、それでなおかつ着用出来ないという

何らかの個人的な理由が有るとすれば、それで入店出来ない事で

文句は言ってはならない。

実際に被害に遇った、お店には申し訳ないが! それが原点でしょう。


野の葡萄は、一部のネット口コミで、味が薄いと批判する人も

いたが、我々には薄味で丁度良い!

濃い味に慣れてしまうと、自身の健康管理に問題が出ますよ。


しかし、広い店内でも、テーブル席が未使用の席も有り

お客さんの人数も限られるので、収益も悪いだろうし

何より、食材を取りに行くのが難しくなった。

ガバガバの簡易ビニール手袋をしたままではトングが

うまく使えない((笑い

年寄りのリハビリにはいいかも知れない((苦笑

しかし、飲食店を経営するのも 大変だねぇ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ