旧ネーム (まさじぃ)です!

2020/10/28

マタギではなく 農民・・  狩猟日記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また今年も、狩猟許可申請を提出して受理され

狩猟者登録証が発行され

今年の祇園地区役員さんに、わざわざお届け頂いた。

御足労をお掛けして申し訳ない。

今年は、初めてハンターカードなるものを頂いた。

大日本猟友会の構成員証だという事だが

何の役に立つのかは判らない((笑い


外では、まだ竹の地下茎が残っている荒地や側溝の掘削を

していると、地上から人の目では確認できないが

もう一ヶ月前から竹が地下茎の新芽を伸ばしてきている。

鼻の良いイノシシ達は、その匂いを嗅ぎつけ

夏が過ぎた頃から、場所を選ばず土を掘りまくって

食料の確保に勢を出してくれているのだが

我が家の周辺では、何も手立てをしなかった四年前よりは

イノシシの行動範囲を、人間の導線とは切り離しに成功しつつ

あるようだ。


後は、山の持ち主の人がタケノコの生育時期だけに廻ってきて

「タケノコがイノシシにやられた!!」という、苦情を聞くだけだが

山のドングリが、人が歩く舗装道路に川のように流れても

落ち葉や笹が歩道に荒野のように降積もっても一切清掃などは無く

普段からイノシシに対して、何の対策もせずにタケノコだけを

とやかく言われてもね((苦笑

こちらは、集中豪雨等の防災対策に精いっぱいだ。

狩猟登録をしていても、私はマタギではなく農民なのだから・・


ところで、今年は山にドングリが不足している事から

クマが人里に頻繁に出没していると聞く。

ドングリの実の未成熟は、梅雨時期の長雨と台風の関係だと聞く。

やっと実が付き始めた幼実が何回も上陸した暴風によって

振り落とされた結果、成熟したドングリが少ないのだとか?

確かに、我が家周辺でも毎年、畑では下の土が見えないくらい

ドングリの運河が出来上がっていたが、今年は少ない様だ。

去年から今年の春先に掛けて、ドングリの木を少し切り倒して

行ったのが影響しているかも、おかげで足元の斜路の歩道は安全だ。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ