旧ネーム (まさじぃ)です!
防災日記・・竹の性質に気づく  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

前日、竹の立ち上がり部分を切って回ったが

とうとう、二代目電気ソーが根を上げてしまった。

ノコ刃を支えている軸が破損してしまって

使い物にならなくなった。

初代充電式ソーはノコ刃が折れてしまったり

充電式電池が充電しなくなって廃棄処分となった。

両方ともメイドイン中国・・

初代はそれでも部品を取り寄せて対処しようと思ったが

丁度、新型コロナにより、海外からの入国や物資の輸入が

滞っていた時期で部品が入って来ないのに困った。

中国製は、適度な能力と値段で仕入れられるので

ホームセンターでは扱いやすいんでしょうね。

しかし、何かイレギュラーが起きた時に困る。


今度は、悩んだ末しっかりした国内メーカー品を購入した。

別に購入資金が無いわけではないが、自分の所有地でも

無い場所を、ボランティアで作業してる訳で

そこに、大金を掛けるかどうかが争点だ。

しかし、新規購入した機械が思わぬ事で新たな展開を見せた。

品揃えの多いホームセンターで、一番の能力が高い

電気ソーを購入したが、帰って箱を開けてみると

ノコ刃が金属切断用の物しか付いていなかった。

もちろん、木材切断用の刃も装着可能は検証済みだが

再度、ホームセンターに駆け込むのも時間の無駄なので

試しに、金属刃で竹の地下茎の切断を試みてみたが

これがなんと大ヒット!!


機械の能力と相まって、サクサクと切れる。

樹木の根と違って、非常に緊密性の高い竹の地下茎は

木材というより金属に近いのだという事が判った。

竹=木材切断用ノコ刃としか結び付かない、固い頭が

今となってはうらめしい。

中間点まで、残り少なくなってやっと、要領が良くなっても

遅いよね・・

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ