旧ネーム (まさじぃ)です!
防犯リーフレット・・最近の詐欺の手口  生活

クリックすると元のサイズで表示します

先日家内が某スーパーに買物に行った時貰ってきた

防犯のリーフレット

警察署や区役所が連携して情報提供するものだが

その中に、「載ってる! 載ってる!」と言いながら

家内が、そのリーフレットを見せに来た。


実は、一か月前程、家内宛てにその詐欺目当てのハガキが

やってきた。

『貴女に、東京で訴訟を起こされています。放っておくと大変な事に

なります』

『その訴訟を止める為には、我が社に連絡ください』

と、典型的な解消金を搾取しようとする詐欺文書だ。

そのハガキには『身に覚えがない時には、こちらに連絡

ください』と、どちらにしても電話を掛けさせようとする

姑息な仕掛けがしてある。


実は、我が家には現在のようなオレオレ詐欺が流行する

以前の数十年前にもハガキが来たことが有る。

そのハガキ文面には、今回と同様な文面と共に

印鑑が二重に重ねて押してあった。

重ね印は捺印としては無効で、効力を発揮しない。

つまり、最初からこの文書は無効ですと設定した後に送ってくる。

恐らく、まだ詐欺の手法自体が手探りの状態だったので

もし訴訟に持ち込まれたとした時の事を考え、逃げの一手を

打っていたと考えられる。


知っている者からしたら、一見で無効の詐欺文書と判るが

世間の常識に疎い高齢者になると、だまされる人もいたかも

知れない。

さて、その20数年前のハガキは、当時警察に持込んで相談したが

当時、「数軒そういう相談が来て、今捜査に入っている所です」

「絶対に返信しないでください」と、丁寧にご指導を頂いた。


という事で、今回も警察に届けることにしたが、それが意外な

事件に発展することになった。



つづく・・・・・

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ